特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2017年09月08日 10時00分 公開

製造業IoT:デジタルツインを全てカバーするシーメンス、投資額は10年間で1兆円超に (2/2)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

「最も包括的なデジタルツインを生み出せるのはシーメンスだけ」

 ムロジク氏は、製品の開発から生産、市場での運用といったライフサイクルを、「Idealization」「Realization」「Utilization」という3つのプロセスと、「Product design」「Product planning」「Production Engineering」「Production Execution」「Services」という5つのステップに分解した上で、「これらの全てをカバーしているのはシーメンスだけだ」と説明する。

3つのプロセス5つのステップ 3つのプロセス(左)と5つのステップ(中央)(クリックで拡大) 出典:シーメンスPLMソフトウェア

 全てを提供できるシーメンスだからこそ、3つのプロセスと5つのステップを緊密につなげられる。そこで重要な役割を果たすのが、コラボレーションプラットフォームになるPLMツールの「Teamcenter」であり、市場運用からのデータを開発や生産のプロセスにフィードバックするループを作り出すMindSphereである。

3つのプロセスと5つのステップを緊密に融合「MindSphere」によるフィードバックループを作り出す 3つのプロセスと5つのステップを緊密に融合し(左)、「MindSphere」によるフィードバックループを作り出す(右)(クリックで拡大) 出典:シーメンスPLMソフトウェア

 そして、5つのステップに対応するソフトウェア製品群も紹介した。「Product design」では、3D CADツール「NX」やCAEツール「Simcenter」、メンター・グラフィックスの製品群、新たに買収したTASS Internationalの製品を利用できる。「Product planning」では、Teamcenterや、製造ラインの設計ツール「Line Designer」、製造計画ツール「Tecnomatix」が用いられる。「Production Engineering」では、「Automation Designer」で自動生成したPLCコードを仮想空間内で最適化し、「TIA(Totally Integrated Automation)ポータル」につなげる。「Production Execution」では、TIAポータルとPLCの「SIMANTIC」をつなげて実際に動かし、生産を行う。そして「Services」では、生産した製品の情報をMindSphereで取得して、それを再度製品開発にフィードバックする。

NXSimcenterTeamcenter 自動車の開発を例にして5つのステップに対応するソフトウェア製品群を紹介。「NX」(左)、「Simcenter」(中央)、「Teamcenter」(右)(クリックで拡大) 出典:シーメンスPLMソフトウェア
Line DesignerTecnomatixAutomation Designer 「Line Designer」(左)、「Tecnomatix」(中央)、「Automation Designer」(右)(クリックで拡大) 出典:シーメンスPLMソフトウェア
TIAポータルSIMANTICMindSphere 「TIAポータル」(左)、「SIMANTIC」(中央)、「MindSphere」(右)(クリックで拡大) 出典:シーメンスPLMソフトウェア

 ムロジク氏は「これらのプロセスとステップを通じて『製品のデジタルツイン』『生産のデジタルツイン』『パフォーマンスのデジタルツイン』が生み出される。そして、MindSphereによるフィードバックを含めて、最も包括的なデジタルツインを生み出せるのはシーメンスだけだ」と述べている。

最も包括的なデジタルツインを生み出せるのはシーメンスだけ 「製品のデジタルツイン」「生産のデジタルツイン」「パフォーマンスのデジタルツイン」など最も包括的なデジタルツインを生み出せるのはシーメンスだけだという(クリックで拡大) 出典:シーメンスPLMソフトウェア

(取材協力:シーメンスPLMソフトウェア)

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.