第45回東京モーターショー2017 特集
ニュース
» 2017年10月30日 06時00分 公開

東京モーターショー 2017:未来のピープルズカーもVW――EV版ワーゲンバス「I.D.BUZZ」 (2/2)

[西坂真人,MONOist]
前のページへ 1|2       

 電動モーターを前後に2つ装備した4WD機構の8人乗り多目的マイクロバスであるI.D.BUZZは、「I.D.Pilot」と名付けられた自動運転モードで走行可能。ステアリングホイールを軽く押すと自動運転モードが作動し、ステアリングはインストゥルメントパネルに収納。このモード中は新開発のステアリングコラムシステムによってステアリングがステアリングギヤから切り離されているため、ドライバーはシートを後ろ向きにして後席乗員と向き合って座わることも可能。ステアリングホイールのタッチパッドに触れるか、ブレーキかアクセルペダルを踏み込むと自動運転モードが終了となる。

photo I.D.BUZZのインテリア(クリックして拡大) 出典:Volkswagen

 ステアリングホイールの中央部分はタッチパッドになっており、運転に直接関わる機能はそこから操作する。またドライバーに必要な情報は、ARヘッドアップディスプレイによってドライバーの視界の中に映し出されるため、ドライバーには実際の道路上に3D画像のシンボルなどが現れるように感じられるという。

photo (クリックして拡大)

 同社ブースでは、先月(2017年9月)開催のフランクフルトモーターショー2017でお披露目されたSUV×4ドアクーペのクロスオーバーEV「I.D. CROZZ 2」のエクステリアやインテリアをバーチャルに体験できる「VR Experience」や、ヘッドマウントギアで動画などを見ることで発生する脳波によってその人の潜在意識を読み取り、最適な1台を提案するバーチャルショールーム「Intuitive Car Finder」といった、新時代のクルマ選びを体感できるコーナーも設けている。

photo バーチャルショールーム「Intuitive Car Finder」を体験する様子(クリックして拡大)

 その他、今回のモーターショーで日本初公開されたモデルは以下の通り。

photo ホットハッチ派待望の「up! GTI」(クリックして拡大)
photophotophoto 「e-Golf」(左)「Golf GTE」(中央)「Golf R Performance」(右)(クリックして拡大)
photophotophoto 「Arteon R-Line Advance」(左)「Polo TSI Highline」(中央)「Passat Variant TDI」(右)(クリックして拡大)
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.