特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
特集
» 2017年11月08日 10時00分 公開

人材不足にどう立ち向かうか、製造業に求められる4つの変化の方向性製造業IoT(2/2 ページ)

[長町基,MONOist]
前のページへ 1|2       

Connected Industriesの目指すもの

 続いて「Connected Industries」についての基本的な考え方を解説した。「Connected Industries」のコンセプトは「さまざまなつながりにより新たな付加価値が創出される産業社会」であり、デジタル化が進展する中、日本の強みである高い「技術力」や高度な「現場力」を生かしたソリューション志向の新たな産業社会の構築を目指すものだ。さらに「現場を熟知する知見に裏付けられた臨機応変の課題解決力、継続的なカイゼン活動などが生かせる人間本位の産業社会を創り上げる、ことなどを目指している」と安藤氏は紹介する。

photo 「Connected Industries」の全体イメージ(クリックで拡大)出典:経済産業省

 また以下の3つの考え方を柱としている。

  1. 人と機械・システムが対立するのではなく、協調する新しいデジタル社会の実現
  2. 協力と協働を通じた課題解決
  3. 人間中心の考えを貫き、デジタル技術の進展に即した人材育成の積極推進

 Connected Industriesの実現に向けて経済産業省 製造産業局では、技術力や現場力を生かしたスマートものづくり実現に向け、国際標準などの基盤整備や、受発注・設計・生産および産業保安などのデータ共有の優先事例創出を支援する。

 また「産官学による体制を構築し、ユースケースの創出、規制・制度改革、産業セキュリティ、国際標準化への貢献、中小企業への導入支援、人材育成、国際協力、データ利活用、技術開発による協調領域の最大化などの政策的課題を掲げて、その対応策を実施している」と安藤氏は述べている。

photo 「Connected Industries 東京イニシアティブ 2017」において発表された5つの重点取り組み分野(クリックで拡大)出典:経済産業省
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.