第45回東京モーターショー2017 特集
特集
» 2017年11月28日 06時00分 公開

リターンライダー潜在層が飛び付くバイクは?東京モーターショー 2017(5/5 ページ)

[西坂真人,MONOist]
前のページへ 1|2|3|4|5       

ネオレトロとライトウェイトスポーツ――スズキ

 スズキもカワサキと同様にレトロスポーツ路線を展開。世界初公開となった「SV650X」は、ロケットカウル風のビキニカウル+セパレートハンドルというカフェレーサースタイルに645cc水冷4サイクルの90度V型ツインエンジンを採用。タックルロールシートなど伝統的な外観を取り入れた“ネオレトロカテゴリー”のコンセプトモデルだ。

photo “ネオレトロカテゴリー”のコンセプトモデル「SV650X」
photo フルカウルのライトウェイトスポーツ「GSX-R125 ABS」も日本初公開。

海外勢も東京モーターショーでアピール

photo BMWモタードでは2017年11月1日に発売した「G310GS」を展示。313cc水冷DOHCシングルエンジンを搭載した“普通自動二輪免許で乗れるBMW”に来場者も熱い視線を注いでいた
photo トライク(三輪バイク)タイプのハーレーダビットソン「トライグライドウルトラ」。普通自動車免許(MT)で乗れることをアピール
photo BRPジャパンも前二輪・後一輪の三輪バイク「Can-Am Spyder」を出展。6速セミオートマチックトランスミッション搭載モデルならAT限定の普通自動車免許で運転できる
前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.