ニュース
» 2017年12月01日 07時00分 公開

都心近郊で10km飛ばせる“ドローン開発の集積地”開設ドローン(2/2 ページ)

[西坂真人,MONOist]
前のページへ 1|2       

入居すれば校庭を無料で利用可能

 中学校の教室をリノベーションして設けられたラボスペースは月額40万円で利用できる。工作機械の設置も可能な他、監視カメラの設置や警備会社への警備委託などセキュリティ面を高めた。入居者は広さ1万379m2の広い校庭を飛行エリアとして無料で利用できる他、グラウンドや河川上空も月12時間まで無料となる。12時間を超えた際の利用料金もグラウンドが1時間3000円、河川上空と体育館が1時間5000円とビジター利用に比べて半額となっている。

photo 教室をリノベーションして設けられたラボスペース
photo 雨天でも利用できる旧体育館

 「建築業界や農業など、人手不足の解決策としてドローンが期待されているが、日本は飛ばせないエリアが多かった。中国やフランスなどは、研究開発したらすぐその場で何十kmも飛ばせるドローンフィールドが存在する。われわれはこの河内町でドローンに関わる人、モノ、情報、技術を集積した場所を作っていきたい」(アイ・ロボティクスの安藤嘉康社長)。

photo アイ・ロボティクスの安藤嘉康社長

 今後はドローン操縦士/技術者の育成や産業別研修プログラムなどを実施する「ドローンスクール」やスタートアップ/ベンチャーの育成を支援する「ドローン・ファーム」、ドローンの操縦/技術コンテスト、ドローン関連の国際会議などを計画しているという。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.