ニュース
» 2017年12月04日 11時00分 公開

協働ロボット:協働ロボットで世界シェア58%のユニバーサルロボット、中小企業への提案を強化 (2/2)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

人とロボットの協働によって生産性が85%向上

ユニバーサルロボットのエスベン・ハルンベック・ウスタゴー氏 ユニバーサルロボットのエスベン・ハルンベック・ウスタゴー氏

 URの共同創業者でCTOを務めるエスベン・ハルンベック・ウスタゴー(Esben H. Ostergarrd)氏は「フェンスの向こうにあった従来の産業用ロボットは、現場の人たちが使い方を変えたいと思ってもすぐに反映できず、インテグレーターに依頼する必要があった。しかし、第四次産業革命の中で求められるマスカスタマイゼーションを実現する上で、柔軟性の高い協働ロボットは必須だ。人とロボットの協働によって、人だけもしくはロボットだけと比べて、生産性を85%高められるという調査結果もある」と述べる。

 その上で、人とロボットの関係について「『人間対機械(Man against Machine)』『人間か機械か(Man or Machine)』という対立関係で語られることが多い。しかし実際は『人間と機械(Man and Machine)』であり、互いが協調することで新たなことを生み出せるようになるはずだ」(ウスタゴー氏)としている。

人とURの協働ロボットが共に作業する様子 人とURの協働ロボットが共に作業する様子(クリックで拡大) 出典:ユニバーサルロボット
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.