ニュース
» 2017年12月05日 09時00分 公開

ロボット開発ニュース:「野望はでっかく」――GROOVE X、最大で78億7000万円の資金調達成功を見込む (2/2)

[小林由美,MONOist]
前のページへ 1|2       

LOVOTのティーザーを公開

GROOVE X 代表取締役 林要氏

 GXの新製品であるLOVOTは2018年末に製品発表、2019年中に発売を予定している。今回は実機なしでのコンセプトの発表(ティーザー)となった。

 製品名の由来は、「LOVE×ROBOT=LOVOT」。「ロボットという言葉の語源は強制労働や隷属といった意味合いを持つため、そのままでは不適切と考えて、新たな名前を作った」と林氏は説明する。LOVOTは、「心の充足」や「明日への活力」といった、人の心に潤いを与える存在を目指すという。

LOVE×ROBOT=LOVOT(出典:GROOVE X)

 林氏は、ロボットを以下の図のように2つに分類する。

林氏によるロボットの分類:「モノ」の時代から、「こころ」の時代へ(出典:GROOVE X)

 左側(青)の領域はロボットによる自動化を示し、「人に対する情報量が減る」(林氏)ことを表す。ロボットやAIによる作業の自動化や自動運転技術が該当する。これらの技術は、人の中でどんどん存在感が薄くなる。一方、右側の領域(赤)は、人の心に働きかける領域であり、「人に対する情報量が増える」(林氏)ことを示し、「一見、役に立つとは思えない、生産性がない分野」(林氏)という。また「この両者は相いれない」とGXでは考える。

 「これまで、“食べる”など生きることそのものにかけなければならなかったリソースが減ることで、人間の生存戦略や自己実現に時間を当てることが可能」と林氏は説明する。左の領域が盛り上がることで、右の領域も盛り上がるとGXでは見て、LOVOTという新しいカテゴリーを作っていく。

キャンペーンサイトのURL、QRコード(出典:GROOVE X)

 2018年末の製品発表に先立って、2017年12月4日から「IMAGINE YOUR LOVOT」キャンペーンを開始する。自分が想像したLOVOTを紙などに描いて、スマートフォンのカメラで撮影し、キャンペーンサイトにアップロードすると、その場でGIFアニメーションが生成される。アニメーションのストーリーは6種類あり、完成したGIFはSNSでシェアできる。

 ソフトバンクのオフィスの間近である、東京・汐留の地下道には2017年12月4日から1カ月間、屋外広告を設置し、LOVOTのテーマをアピールしている。

汐留の屋外広告(出典:GROOVE X)

 米国カリフォルニア州ロサンゼルスにあるベンチャー SPACE Xの社屋前における屋外広告において、SPACE X CEOのイーロン・マスク氏を名指しして、「Our ambition is mashi-mashi as yours」(われわれの野望は、あなたの野望のように大きい(マシマシ)」というメッセージを出した。

イーロン・マスク氏へ(出典:GROOVE X)
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.