特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2017年12月14日 08時00分 公開

人工知能ニュース:NVIDIAのCEOが日本のAI活用に期待、コマツとの協業で自律運転マシンが建設現場へ (2/2)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

「スマートコンストラクションはまだ中間地点」

コマツの四家千佳史氏 コマツの四家千佳史氏

 フアン氏が発表した、NVIDIAとコマツの協業に関する記者説明会も開かれた。コマツが2015年2月から推進している施工ソリューション「スマートコンストラクション」事業を担当する、コマツ 執行役員 スマートコンストラクション推進本部長の四家千佳史氏は「日本の建設業界では、高齢化や熟練工の減少による深刻な労働力不足が課題になっている。スマートコンストラクションはその課題を解決するための事業であり、既に4000以上の建設現場に導入されている。NVIDIAとの協業によるAI活用で、さらに建設現場を変えていく」と語る。

 四家氏によれば、コマツの主力事業である建機は“モノ”であり、建機の位置や状態を知ることができる「KOMTRAX」は“モノ”をつなげるサービスだという。これらに対して、スマートコンストラクションは、建機の仕事量や品質といった“コト(仕事)をつなげることを目的としている。「現在のスマートコンストラクションは、やっと“コト”をつなげられるようになったところで中間地点にすぎない」(同氏)。

「スマートコンストラクション」の全体像 「スマートコンストラクション」の全体像(クリックで拡大) 出典:コマツ

 そして、スマートコンストラクションのさらなる進化に必要だと考えているのがAIであり、そのためのNVIDIAのGPUというわけだ。コマツはパートナー企業であるスカイキャッチ(Skycatch)のドローンで取得した点群データからデジタルの3次元地図を短時間で作成するために、Jetsonを組み込んだ「Edge Box」というデバイスを開発した。ドローンとEdge Boxを連携したソリューション「日々ドローン」により、3次元地図の作成に掛かる時間を10時間から20分に圧縮できた。

「日々ドローン」の概要 「日々ドローン」の概要(クリックで拡大) 出典:コマツ

 日々ドローンにおけるJetsonの利用目的は画像処理にとどまっている。これが、定点カメラとEdge Box、Jetson上で動作するAIを組み合わせたソリューション「監督AI」では、カメラ画像をAIで解析し、ベテランの現場監督のように現場の建設プロセスの状態を適切に把握できるようにしていくという。この他にも、「建機にAIを搭載することによる作業のインテリジェント化にも取り組みたい。最終的には完全自動化や無人化も視野に入る」(四家氏)とした。

「監督AI」の概要定点カメラ画像を解析している様子 「監督AI」の概要(左)と定点カメラ画像を解析している様子(右)(クリックで拡大) 出典:コマツ

 四家氏は「長らくデジタル化が難しいとされたきた建設現場だが、今や最先端のデジタル化の舞台になっている。スマートコンストラクションの展開はこれからも長い道のりになるが、NVIDIAとともに駆け抜ける。海外展開でも協調できれば」と述べている。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.