ニュース
» 2018年02月21日 10時00分 公開

「日本でもトップ3に食い込む」、IBMがクラウド事業の展開を強化製造ITニュース(2/2 ページ)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

「Watson」は圧倒的シェアの獲得に向けデータに注力

日本IBMの吉崎敏文氏 日本IBMの吉崎敏文氏

 AIのWatsonについては「既に7割近いマインドシェアをいただいており、ビジネスでも圧倒的シェアを獲得したい」(日本IBM 執行役員 ワトソン&クラウドプラットフォーム事業部長の吉崎敏文氏)としており、クラウドに比べて他社に先行できている状況だ。

 ここでさらに他社に差をつけるために投入するのが「Watson Data Platform」である。吉崎氏は「Watson導入プロジェクトで用意されているデータの内、すぐに利用可能なのはその30%程度にすぎない。Watson Data Platformにより、AI時代に求められるデータイニシアチブを実現できるようにしたい」と語る。

 Watson Data Platformでは統合分析環境サービスの「Data Science Experience(DSX)」と、オンプレミスやクラウドにあるデータを見つけてカタログ化する「Data Catalog」を既に提供している。また、DSXでの分析を可能とするようなデータ加工を行う「Data Refinery」、ダッシュボードとレポート作成によって可視化を行う「Dynamic Dash Board」はβ版を提供中だ。

「Watson Data Platform」の仕組み 「Watson Data Platform」の仕組み(クリックで拡大) 出典:IBM
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.