特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2018年03月28日 10時00分 公開

FAニュース:三菱電機のFAシステム事業、2025年度に売上高1兆円の生産体制を構築へ (2/4)

[朴尚洙,MONOist]

2017年度は初めて海外比率が50%以上に

 三菱電機のFAシステム事業は、シーケンサーやHMI(表示器)などの「コントローラー機器」、ACサーボやインバーター、CNCなどの「駆動制御機器」、放電加工機やレーザー加工機、ロボットなどの「メカトロニクス製品」、三相モーターやギヤードモーターなどの「回転機器」、遮断器や省エネ機器などの「配電制御機器」から構成されている。中核となるのが駆動制御機器であり、ACサーボやインバーター、CNCの3つで事業売上高の半分に達するという。宮田氏は「特に、ACサーボとインバーターをはじめとする機器間の連携で高い評価をいただいている」と強調する。

三菱電機のFAシステム事業の製品ポートフォリオ 三菱電機のFAシステム事業の製品ポートフォリオ(クリックで拡大) 出典:三菱電機

 先述した通り、2017年度の売上高は、4〜12月までの3四半期で前年度比23%増となる5100億円となった。地域別では、中国、韓国、台湾が、製品別では駆動制御機器がけん引。分野別では、自動車部品を含めた自動車、ディスプレイパネルを含めたスマートフォンがそれぞれ売上高の約20%を占めるなど好調で、装置向けを含めた半導体も堅調だった。

三菱電機のFAシステム事業の連結売上高推移 三菱電機のFAシステム事業の連結売上高推移(クリックで拡大) 出典:三菱電機

 中国、韓国、台湾をはじめ海外が好調だったこともあり、2017年度売上高の海外比率は52%となる見込み。同事業として初めて海外比率が50%を超えることになる。「国内向けのうち約半分は、装置に組み込まれて海外で利用されることになる。これを入れると、70%以上が海外ということになる」(宮田氏)という。

三菱電機のFAシステム事業の生産体制三菱電機のFAシステム事業の開発体制三菱電機のFAシステム事業の販売・サービス体制 三菱電機のFAシステム事業の生産体制(左)、開発体制(中央)、販売・サービス体制(右)(クリックで拡大) 出典:三菱電機

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.