特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
連載
» 2018年03月30日 10時00分 公開

IoT観測所(43):アマゾンよりも面白い?「Mongoose OS」がIoT開発のハードルを下げる (3/3)

[大原雄介,MONOist]
前のページへ 1|2|3       

課題は対応MCUの少なさ

 課題があるとすれば、今のところ対応するMCUが極めて限られていることだろうか。今のところ対応しているのはTIの「CC3200」とCC3220、Espressif Systemsの「ESP8266」と、その後継の「ESP32」という5つのみとなっている。いずれの製品も、国内でも入手性は良いので「使いたくても手に入らない」という事態にはならないと思うが、これら以外のMCUを使いたいという場合、現状ではMongoose OSを諦めるしかない。

 ちなみに、ESP8266/ESP32をサポートしていることからも分かるように、Mongoose OSそのものは別にArmコアに依存しているわけではなく、テンシリカ(Tensilica)の「Xtensa」でも動作する。先述した、Mongoose OSのベースとなったと思われるMongoose Webサーバは、他にもNordic Semiconductorの「nRF52」、TIの「TM4C」、STマイクロ(STMicroelectronics)の「STM32F4」、NXP Semiconductorの「LPCシリーズ」、マイクロチップの「PIC32」、さらにLinux/iOS/MacOS/QNX/Windows/eCOS/Android/FreeRTOSと、プラットフォームやアーキテクチャを選ばない広範なサポートが特徴であった。

 だからといって、Mongoose OSでも同じ様に何でもサポートにすると、動作確認だけで大変な作業になりかねない、適度にサポートするプラットフォームを絞ったというあたりではないかと思われる。もっとも、ハードウェアサポートのWebサイトをみると、nRF52とSTM32F4、さらにマイクロチップの「SAMG55」(サポートページではPIC32となっているが、多分間違いと思われる)がリストに挙がっており、少しづつではあるが対応ハードウェアを増やす努力はなされているようだ。

 Armの「Mbed OS」あるいは「Amazon FreeRTOS」などとはまた異なったRTOSであり、もう少し普及すると面白い存在になるかもしれない。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.