デジタルツインを実現するCAEの真価
ニュース
» 2018年04月06日 13時00分 公開

CAMやCAEと思うがままにつながるCADのInventor、クラウドCAD Fusion 360とも連携CADニュース(2/2 ページ)

[小林由美,MONOist]
前のページへ 1|2       

Fusion 360は国内でも販売に引き続き注力

 前バージョンのInventor 2018は2018年末のアップデートで同社のクラウドベース3D CAD/CAM/CAEであるFusion 360との連携を強化している。クラウドのデータを仲介することで、相互のデータ修正を反映し合う。例えばInventorで加えた形状の修正は、Fusionで設定したCAMのデータにも自動で反映され加工パスも修正される。InventorのCAD環境ではFusionと混在した状態でアセンブリーが保持され、Fusionで修正されたデータもクラウドを介して即反映する。今回はパッケージにバンドルされたことで、よりFusion 360との距離がより近くなるということだ。

InventorとFusionの連携のイメージ InventorとFusionの連携のイメージ
InventorとFusionの連携の概要 InventorとFusionの連携の概要
宮岡氏 オートデスク インダストリ ストラテジー&マーケティング 製造業 ビジネス開発 マネージャー 宮岡鉄哉氏

 なおFusion 360のユーザー数についてはグローバルで順調に伸びており(数字は非公表)、日本国内においては「人的な工数をかけてFusionを全国展開してきた。2018年はオンラインで体験できる機会を増やし、認知をより高め、販売数を伸ばしていきたい」(オートデスク インダストリ ストラテジー&マーケティング 製造業 ビジネス開発 マネージャー 宮岡鉄哉氏)としている。日本法人においても引き続き、Fusion 360の販売と普及に力を入れていく方針ということだ。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.