特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2018年04月16日 08時00分 公開

製造業IoT:初期費用なしのLoRaWANのIoT通信サービスがスタート、月額は最安で8円 (2/2)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

国内IoTデバイスの接続シェア10%が目標

 Senseway Mission Connectで提供するのは、LoRaWANのゲートウェイとネットワークサーバになる。IoTとしてセンサー情報を収集するLoRaWANのデバイスや、ネットワークサーバで蓄積した情報を活用するアプリケーションは、ユーザーが用意する必要がある。

「Senseway Mission Connect」の構造 「Senseway Mission Connect」の構造(クリックで拡大) 出典:センスウェイ

 LoRaWANデバイスの管理はWebブラウザベースのツールである「Senseway Mission Connect Management Console」を用いる。センスウェイからSenseway Mission Connectに対応するデバイスを販売しており、「LoRaWAN Shield for Arduino」が1台当たり6400円、「LoRaWAN Shield for Arduinoセット」を1台当たり8000円で購入できる(税込み)。

「Senseway Mission Connect Management Console」の画面 「Senseway Mission Connect Management Console」の画面(クリックで拡大) 出典:センスウェイ

 通信費は、1日の接続回数が12回で月額30円、同48回で月額50円、同144回で月額100円となる(税別)。さらにボリュームディスカウントについては「200万〜300万デバイスを接続するような大口契約の場合で、月額8円までのディスカウントを提案できるようにしたい」(神保氏)という。

「Senseway Mission Connect」の通信費の目安 「Senseway Mission Connect」の通信費の目安(クリックで拡大) 出典:センスウェイ
センスウェイの神保雄三氏 センスウェイの神保雄三氏

 この他、サービスエリア外や未導入エリアで利用したい顧客向けにレンタルゲートウェイも用意した。室内用基地局が月額3400円(キャンペーン価格)、室外用基地局が月額1万9800円となっている(いずれも税別)。

 神保氏は「センスウェイに入社する前に勤めていたニフティでも、IoTの事業に関わっていたがなかなかスケールしなかった。これはIoTをつなげるコストが高いというのが最大の理由だ。IoTは、いかにして安くたくさんつなげるかが重要。Senseway Mission Connectであればそれが可能だ。3〜5年後には、国内流通するIoTデバイスの接続シェア10%を目指したい」と強調する。

 また、センスウェイではデバイス、インテグレーション、アプリケーション、セールス、クラウド、ビジネスクリエーションといったパートナーを募集しており、既に50社以上が加盟しているという。

パートナーの役割分担加盟済みのパートナー パートナーの役割分担(左)と加盟済みのパートナー(右)(クリックで拡大) 出典:センスウェイ

Sigfoxと比べたLoRaWANの優位性は

 アンライセンス系LPWAのIoT通信サービスと言えば「Sigfox」がある。日本国内では京セラコミュニケーションシステム(KCCS)が独占展開を行っており、2018年3月には100万回線が利用され、人口カバー率50%を達成したと発表している※)

※)関連記事:Sigfoxの活用は国内100万回線へ、軽量・低価格・長寿命が開くIoTの可能性

 KCCSによるSigfoxと比べると、センスウェイのLoRaWANは後発となる。神保氏は「実質1年遅れなので、まずはいかに早く追い付くかが目標になる。LoRaWANは、IoT通信サービスの提供者として競合する場合でも、基地局の共有や相互ローミングといった形で手を結ぶことができる。そういった施策も検討していきたい」と説明する。

 通信規格の比較では、1度に送信できるデータサイズがSigfoxの12バイトに対してLoRaWANが242バイトと大きいこと、Sigfoxと比べて使用する周波数帯域が広い(125kHz)ことによる耐ノイズ性を挙げた。さらに「Sigfoxはその仕様から通信時間に20秒かかるが、LoRaWANは2秒で済む。またアプリケーションからデバイスへのダウンリンク通信だけを行う事もできる。Sigfoxはデバイスからアプリケーションのアップリンク通信とのセットになる」(センスウェイ 技術スペシャリストの山口知昭氏)としている。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.