「つながるクルマ」が変えるモビリティの未来像
連載
» 2018年04月23日 06時00分 公開

和田憲一郎の電動化新時代!(27):MaaSは鉄道など公共交通や都市計画にどのような影響を及ぼすか (5/5)

[和田憲一郎(日本電動化研究所 代表取締役),MONOist]
前のページへ 1|2|3|4|5       

MaaSは誰がリーダーとなることが望ましいのか

和田氏 MaaSのように多くの企業や自治体、公共交通機関などが関連してくる場合、それは誰が政策を立案し、実行することが望ましいのか。どのようにすれば、実行できるのか。

中村氏 まずは行政だろう。地方自治体では、国土交通省が音頭を取った「地域公共交通会議」があり、東京では「東京都市圏交通計画協議会」がある。これらは受け手になるだろう。

 ただし、MaaSに関して行政が枠組みを作ったあとで、サービス部分に関して民間が多様な競争することは良いが、多くの枠組みができて、多様なサービスが生まれると、利用者は使い勝手が良くないのではないだろうか。囲い込みをすると、あるMaaSでは、ある事業者の情報が取れず、シームレスにつながらないということが起こる。自社のみの狭い領域ではなく、より包括的なサービスが実現することを期待したい。

 さらに、今やるべきなのは、本当に困っている人を助けること。つまり、道路混雑のためにクルマを減らす、道路の交通事故低減、さらに高齢者の外出を支援するといった目的のためにMaaSのような情報技術を使うことが望ましい。

インタビューを終えて

 これまでにも「スマートシティー構想」などがあったが、MaaSはそれに匹敵、いやそれ以上のムーブメントになりそうだ。インターネットが発達し、携帯電話機が普及するにつれて、いろいろな乗り物を予約することが可能となってきた。しかし、A地点からB地点まで移動する際に、全ての乗り物、つまりモビリティをシームレスに一括して予約と決済ができるかと言えば、現状ではかなり難しい。

 しかし、フィンランドで起きたMaaSは、それを可能にしようとしている。確かに全てのモビリティを予約する必要はないのかもしれないが、夜間の移動などに、タクシーやカーシェアリングなどの予約は有効だろう。日本で実際にMaaSを実現するために、次のことを解決する必要があると思われる。

  • 日本のMaaSグランドデザインを描くのは誰か
  • 具体的なリード役は誰が務めるのか
  • 情報・データの共有性、セキュリティはどうするか
  • Japan MaaS Allianceの設立可否(欧州では2015年にEuropean MaaS Allianceが結成され活動を開始)

 MaaSは一見、乗り物、つまりモビリティだけの動きに見えるが、今回のヒアリングから俯瞰的に見ると、モビリティやサービス変革にとどまらず、都市交通や都市計画にまでも影響を及ぼすように思える。さらに、MaaSをコントロールするサービスプロバイダーは、自動車業界、鉄道業界、タクシー業界などの垣根を越え、大きな責任や役割を果たすのではないだろうか。

筆者紹介

photo

和田憲一郎(わだ けんいちろう)

三菱自動車に入社後、2005年に新世代電気自動車の開発担当者に任命され「i-MiEV」の開発に着手。開発プロジェクトが正式発足と同時に、MiEV商品開発プロジェクトのプロジェクトマネージャーに就任。2010年から本社にてEV充電インフラビジネスをけん引。2013年3月に同社を退社して、同年4月に車両の電動化に特化したエレクトリフィケーション コンサルティングを設立。2015年6月には、株式会社日本電動化研究所への法人化を果たしている。



前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.