ニュース
» 2018年06月28日 10時00分 公開

工場ニュース:デンソーが初の一般向け工場見学コース、メーターの製造工程が学べる (2/2)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

工場内を一望できる上層階通路を使って見学

 501ファクトリーの見学は、工場内を一望できる上層階通路を使って行われる。通路の壁面には、デンソーが手掛けてきた自動車や二輪車のメーターを展示するとともに、メーター開発の歴史、メーターの製造工程を紹介する展示を設置。

上層階通路を使って見学トリックアートも 工場内を一望できる上層階通路を使って見学(左)。通路にはクラフトさんが登場するトリックアートも(右)(クリックで拡大)
工場内の様子工場内の様子 通路から見える工場内の様子(クリックで拡大)
メーターの数々メーターの数々 通路の壁面に設置されたデンソーのメーターの数々。自動車向け(左)と二輪車向け(右)(クリックで拡大)
メーター開発の歴史メーター開発の歴史 メーター開発の歴史も紹介(クリックで拡大)
メーターの製造工程メーターの製造工程メーターの製造工程 メーターの製造工程。樹脂による成型、メーターパネルの印刷、指針モーターの製造などを紹介(クリックで拡大)

 通路奥のプレゼンテーションルームでは、メーターの製造工程を映像で説明するとともに、最新のメーターの構造を分かりやすく展示しており、ドライバーステータスモニターやヘッドアップディスプレイ(HUD)などの最新安全技術を体験できるコーナーもある。

製造工程を説明する映像最新のメーターを分解した展示 メーターの製造工程を説明する映像(左)や最新のメーターを分解した展示なども(右)(クリックで拡大)
ドライバーステータスモニターHUD ドライバーステータスモニター(左)やHUD(右)などの最新安全技術も体験できる(クリックで拡大)

 通路を戻る際には、工場内での組み付け作業を間近に設置したカメラから大型ディスプレイで見られる「Live Vision」を見られる。また、工場内にいるTAKATANAファクトリーツアーのキャラクター「クラフトさん」がどこにいるのかを見つけるのも楽しみの1つだ。

「Live Vision」クラフトさんを探せ! 工場内の作業を間近に見られる「Live Vision」(左)。クラフトさんを探せ!(右)(クリックで拡大)
ツアー終了後は工場見学者限定のお土産も用意されている ツアー終了後は工場見学者限定のお土産も用意されている。報道陣がいただいたのはメータくんのミネラルウオーターとクリアファイル、メンディングテープ、デンソー初の電気自動車「DENSO号」のミニプラモデル(クリックで拡大)

 なお、TAKATANAファクトリーツアーは月曜〜金曜日(祝日含む)に開催されている。開始時間は9時半、10時、13時半、14時の4回で、所要時間は約90分。見学対象者は小学生以上となっている(小学生の参加は大人の同伴が必要)。高棚製作所長の吉田氏は「1回で最大20人なので、1日当たり80人まで参加してもらえる。これを工場が稼働する約250日の間続けられれば2万人に参加していただける。ぜひその数字に近づけたい」と意気込んでいる。

TAKATANAファクトリーツアーを先行体験した高棚小学校の小学5年生の皆さん TAKATANAファクトリーツアーを先行体験した高棚小学校の小学5年生の皆さん。楽しかったかな?(クリックで拡大)
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.