連載
» 2018年07月27日 10時00分 公開

待ったなし!組み込み機器のWindows 10 IoT移行(2):組み込み機器のWindows 7からWindows 10への移行で考慮すべき互換性問題 (3/3)

[上中村英登(東京エレクトロン デバイス),MONOist]
前のページへ 1|2|3       

Windows 10 IoT Enterpriseの構築とインストール

 これまでの組み込み向けWindowsを含め、Windows 10 IoT Enterpriseのインストール、構築に使用するツールをまとめたものが図3です。

図3 図3 組み込み機器向けWindowsの構築方法の違い(クリックで拡大)

 Windows 7では、インストールに使用するDVDメディア(OPK:OEM Pre-installation Kit)は各言語版が用意されていましたが、Windows 10 IoT Enterpriseでは英語版OSに、必要なランゲージパックを適用することで対応します。また、Windows 7では多言語対応が必要な場合には、上位エディションであるUltimateが必要でしたが、Windows 10 IoT Enterpriseは標準で多言語対応しています。

 Windows Embedded Standard 7では必要だった開発ツールの購入や開発環境の構築も不要となっています。

 OPKによるインストールは、通常のWindows 7などと同様に、ウィザード(対話)形式で行いますが、応答ファイルを用いることで、無人インストールや、量産用の複製準備を行うことが可能です。応答ファイルはWindows ADKに含まれるSystem Image Manager(SIM)を使用して作成します。

 OSのインストール、カスタマイズ、マスターイメージ化と量産展開の大まかな流れを図4にまとめました。実際のところ、Windows 10 IoT Enterpriseのインストール手順や複製方法は、Windows 7のそれとほとんど違いがなく、これまでWindows 7/Windows Embedded Standard 7を搭載した組み込み機器での経験がある開発者は、直感的に作業を進めることができるかと思います。

図4 図4 Windows 10 IoT Enterpriseのインストール〜展開の概略(クリックで拡大)

次回

 次回はWindows 10 IoT Enterpriseで利用可能なロックダウン機能について説明していく予定です。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.