特集
» 2018年08月07日 10時00分 公開

World Robot Summit徹底解剖(1):ロボット五輪あらためロボットサミットが始まる、2018年プレ大会は賞金1億円超 (2/3)

[大塚実,MONOist]

プレ大会はチャレンジングな競技がめじろ押し

 WRSは、前述のように2020年に本大会(WRS2020)が開催されるが、その前に、2018年10月にプレ大会(WRS2018)が実施されることも決まっている。会場は東京ビッグサイトで、ロボット関連の展示会「Japan Robot Week 2018」との同時開催となる。

 WRS2018で注目なのは、賞金総額が1億円以上であること。日本の競技会で、これほど大きな賞金がかけられることはほとんど無いが、世界では「DARPA Robotics Challenge」(賞金総額350万ドル)などの例がある。賞金を呼び水として、世界中から英知を集め、その金額以上の成果を上げる。手法としては定番だ。

 ただし、WRSは国が主催するイベントだが、賞金を税金から出すわけにもいかなかったため、スポンサーからの資金提供を仰いでいる。「国が競技設計をして民間が賞金を出す官民合同事業は、今までには無かった形」(安田氏)だという。

 参加者の募集はすでに締め切られているのだが、24カ国から135チームの出場が決まっている※)。構成は日本と海外のチームでほぼ半々。ロボットの国際大会としては、かなり大規模な大会になりそうだ。

※)関連リンク:WRS2018の参加チーム

WRS2018の競技 WRS2018の競技(クリックで拡大) 提供:経済産業省、NEDO

 WRS2018の競技は、かなりチャレンジングだ。詳細については次回以降に説明したいが、例えば、製品組立チャレンジでは、ベルトドライブユニットの組み立てを行う。

 ロボットにとって、ベルトのように柔らかい物を上手に扱うことはまだ難しい。一見、人間なら簡単にできそうなことでも、ロボットが苦手とすることは多い。前述のDARPA Robotics Challengeでは、ただドアを開けるだけのことでも、多くのロボットが苦労していた。残念ながら、これが現在のロボット技術の限界なのだ。

WRS実行委員会 委員長の佐藤知正氏 WRS実行委員会 委員長の佐藤知正氏

 ベルトドライブユニットの組み立てというのは、おそらく見た目としては非常に地味になる。一般の人が見れば、「こんなの簡単じゃん」と思うだろう。しかし、「この競技の思想は高い。単品生産という、究極の目標があって、それに沿ってロードマップを作り、競技を設計した。いぶし銀的なテーマといえる」(佐藤氏)わけだ。

 ロボットが得意なのは、同じ動作を正確に何度も繰り返すこと。そのため大工場での大量生産で使われてきたが、近年は多品種少量生産への対応が求められている。そのため、製品組立チャレンジでは、直前になって開示される「サプライズパーツ」があり、短時間で対応する能力も必要となっている。

 またフューチャーコンビニエンスストアチャレンジには、なんと「トイレ掃除」というユニークなタスクがある。正直、複雑な形状の便器をどうすれば掃除できるのか良く分からないが、各チームがどんな方法を採用してくるのか、今から楽しみなところだ。

 プレ大会の競技は全体的にチャレンジングになっているが、難易度については、プレ大会の結果を参考にしながら、本大会の競技内容を決めていくという。難しすぎると判断すれば、難易度を下げる場合もあるし、その逆もあり得る。プレ大会は、運営側にとっても、参加側にとっても、本大会に向けた予行演習という位置付けであるわけだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.