ニュース
» 2018年08月15日 08時00分 公開

製造ITニュース:デジタル生産準備ツールの新版、製造情報の集約や表示に対応

富士通は、製品の組み立て工程を支援するデジタル生産準備ツール「FUJITSU Manufacturing Industry Solution VPS」の新バージョン(V15L20)を発売した。実機作業のビデオ映像や作業実績の検査表などの製造情報の集約・表示に対応した。

[MONOist]

 富士通は2018年7月24日、デジタルプロセスが開発した、製品の組み立て工程を支援するデジタル生産準備ツール「FUJITSU Manufacturing Industry Solution VPS(VPS)」の新バージョン(V15L20)を発売した。新たに、実機作業のビデオ映像、作業実績の検査表などの製造情報の集約・表示が可能になった。

 VPSは、CADで作成した製品の3次元デジタルデータを活用し、製造用図面や組み立て手順、使用工具、組み立て作業に必要な工数、作業時の注意点などの製造関連情報を集約・表示する。作業に熟練していなくても、アニメーションで視覚的に組み立て手順を理解できる。

 新バージョンでは、組み立て手順イメージのアニメーション内に、実際の作業を撮影したビデオ映像や作業実績・検査結果などを入力するためのドキュメントを埋め込み、表示、再生、更新が可能になった。作業者が組み立て手順を理解しやすくなり、その場で作業記録をドキュメントに残すことができる。

 作業者のPCやタブレットから適切なタイミングで必要情報にアクセスし、参照・更新できる。これにより、効率的に製品の形状確認や製造フローの確認作業が行える。

 さらに、組み立て部品の構成ツリー図、製造フローの確認時に表示するウィンドウのサイズ・配置などのレイアウトを記憶し、複数パターンを保存できる。ウィンドウの結合や切り離し、マルチディスプレイでの表示にも対応。システム利用者ごとに、使いやすいウィンドウにカスタマイズすることも可能だ。

 販売価格は、組み立て動画が98万円、帳票出力が50万円、Standardが400万円、Viewerが9万8000円(1ライセンス単位、税別)。同社は、2020年度末までに50億円の売り上げを目指すとしている。

photo 「VPS」の概要イメージ 出典:富士通
photo ドキュメント挿入イメージ 出典:富士通

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.