ニュース
» 2018年08月20日 08時00分 公開

組み込み開発ニュース:遠隔操作可能な「webOS」搭載デジタルサイネージを提供開始

LGエレクトロニクス・ジャパンは、中国の上海普承と連携し、遠隔操作などの機能を高めた「webOS」搭載デジタルサイネージを展開する。「SM5K」シリーズなど、現行7シリーズを対象に受注販売を行い、2018年内の運用開始を目指す。

[MONOist]

 LGエレクトロニクス・ジャパンは2018年7月26日、中国の上海普承と連携し、遠隔操作などの機能を高めた「webOS」搭載デジタルサイネージを展開すると発表した。現行の7シリーズを対象に受注販売を行い、同年内の運用開始を目指す。

photo 「webOS」搭載デジタルサイネージ(クリックで拡大) 出典:LGエレクトロニクス・ジャパン

 webOS搭載のデジタルサイネージは、電源とLANケーブルのみで再生ができる。これまでモニター1台につき1台必要だった外付けの再生機器が不要になるため、省スペース化につながる。

photo 「webOS」搭載デジタルサイネージの接続イメージ(クリックで拡大) 出典:LGエレクトロニクス・ジャパン

 上海普承が提供するソフトウェア「iMWorld Cloud Digital Signage」と連携し、PCやスマートフォンなどを使って遠隔操作できる。複数台のモニターに対する一括配信にも対応しており、モニターごとに違ったコンテンツを流す場合でも、一括で操作できる。管理者はコンテンツ内容を遠隔モニタリングし、モニター温度やエラー情報の確認、電源のオン・オフ操作も遠隔で行える。

 対象シリーズは、「SM5K」「4K」「ウルトラストレッチ」「XS」「LS75」「LV/VH」「XE」の7シリーズ。今回のwebOSオープンソース化により、今後は新たな第三者団体との連携も進め、ユーザー環境に合わせたカスタマイズを行うとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.