ニュース
» 2018年08月22日 08時00分 公開

組み込み開発ニュース:コスト削減や顧客満足度向上につながるソフトウェア自動更新ソリューション

ジェムアルトは、企業向けに迅速でタイムリーなソフトウェアアップデートを可能にするソリューション「Sentinel Up」を発表した。自動アップデートにより運用コストを削減し、顧客体験の向上に貢献する。

[MONOist]

 ジェムアルトは2018年7月24日、自動ソフトウェアアップデートソリューション「Sentinel Up」を発表した。手動更新のプロセスを自動化する他、アプリ内の通知機能により、エンドユーザーの利用状況に関する詳細データを得ることができる。

 Sentinel Upは、ライセンスとエンタイトルメント管理に対応する企業グレードのソフトウェア更新サービス。アップデートを認証、配信、インストールするビルトイン機能とバックオフィスシステムとの完全統合により、手動プロセスを自動化して運用を効率化する。

 使用権のあるユーザー端末だけにアップデートを配信するため、人為的ミスを防止する。また、社内のサポートシステムとの統合により、問い合わせなどのサポート経費を削減する。特定のプラットフォームに依存せず、コーディングによる統合は必要としない。これにより、企業全体で一貫性のあるアップデートプロセスが可能になる。

 さらに、自社製品の使用状況や更新状況、製品バージョン、地理的所在地など、エンドユーザーに関する情報を収集し、製品開発に役立てることができる。アプリ内通知で最新のソフトウェア情報を知らせたり、旧バージョンを使用しているユーザー数を把握してアップデートを提供することも可能だ。

 同社は、Sentinel Upの導入で顧客満足度や顧客定着率が向上し、ソフトウェアベンダーやデバイスメーカーの事業の成長に貢献できるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.