ニュース
» 2018年08月27日 08時00分 公開

組み込み採用事例:はやぶさ2のタッチダウン運用に貢献する技術を発表

モルフォは、JAXAの「宇宙探査イノベーションハブ」事業の研究成果としてQonceptと共同で取り組んでいる「Visual SLAM」技術が、小惑星探査機はやぶさ2ミッションのタッチダウン運用などに貢献することを発表した。

[MONOist]

 モルフォは2018年8月2日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の「宇宙探査イノベーションハブ」事業の研究成果として、Qonceptと共同で取り組んでいる「Visual SLAM」技術が、小惑星探査機はやぶさ2ミッションのタッチダウン運用などに貢献することを発表した。

 Visual SLAM(Simultaneous Localization and Mapping)とは、カメラで撮影した映像から環境の3次元情報とカメラの位置姿勢を同時に推定する技術だ。

 両社はVisual SLAMの動作環境をより広げ、特徴点が少ないシーンに対しても安定した性能を発揮するため、従来の特徴点ベースSLAMに加えて、エッジ情報や、わずかな陰影を特徴量として利用するなど、シーンごとに適する特徴を切り替えられる統合型のVisual SLAMを研究してきた。現在、良い成果が得られていることが同日のはやぶさ2記者説明会で報告された。

 JAXAは2015年4月、将来的に研究成果を宇宙探査へ応用することを目的として「宇宙探査イノベーションハブ」を設立。モルフォとQonceptは2017年9月に「テクスチャレスシーンのためのロバストなVisual SLAMの研究」を共同提案して採択されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.