ニュース
» 2018年08月27日 09時00分 公開

製造ITニュース:スマートファクトリーを目指す製造現場に向け、トライアルパッケージを提供

マクニカネットワークスと日本ヒューレット・パッカードは、IoT活用のトライアルができる「FogHornスタート支援パッケージ」の提供を開始した。

[MONOist]

 マクニカネットワークスと日本ヒューレット・パッカードは2018年8月7日、IoT(モノのインターネット)活用のトライアルができる「FogHornスタート支援パッケージ」の提供を開始した。FogHorn Systemsの「FogHorn Lightning」を用いてIoT活用を支援する。

 FogHorn Lightningは、既存の産業システムを変更することなく、センサーや製造設備などから生じる大量のデータをリアルタイムに取得し、即座にデータクレンジングやストリームデータ解析を実行できる。データは可視化や機械学習などへの活用が可能で、外部のデータベースやクラウドサービスへの出力もできる。

 現場のデータを生かせるようになることで、歩留まりの改善やスクラップコストの削減、稼働時間の短縮などにつなげる。

 同パッケージには、FogHorn Lightningソフトウェア3カ月分とヒューレット パッカード エンタープライズのEdgeline GL20 IoT ゲートウェイが1台が付属する。また、マクニカネットワークスによるインストール作業、ロジック構築、可視化、InfluxDBへのデータ保管などのSIサポートが含まれる。

photo FogHornソリューションの機能(クリックで拡大) 出典:マクニカネットワークス

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.