ニュース
» 2018年08月28日 09時00分 公開

製造ITニュース:製造業IoTプラットフォーム企業と代理店契約を締結しソリューション提供

富士ソフトは、Litmus Automation Japanと販売代理店契約を締結し、「LoopEdge」「LoopCloud」を含むLitmus Automation製品と、富士ソフトのサービスや技術を融合したソリューションの提供を開始した。

[MONOist]

 富士ソフトは2018年8月6日、Litmus Automation Japanと販売代理店契約を締結し、「LoopEdge」「LoopCloud」を含むLitmus Automation製品と富士ソフトのサービスや技術を融合したソリューションの提供を開始した。

 Litmus Automationは、産業用IoT(IIoT)のプラットフォームプロバイダー。富士ソフトは、今回の協業により、日本初となるSIパートナーとして、Litmus Automation製品の導入から顧客サポートまでを一貫して提供する。さらに、富士ソフトが持つクラウド、データセンター、ハードウェアなどと連携し、独自のソリューションを構築する。

 Litmus AutomationのLoopEdgeは、産業IoT用のゲートウェイソフトウェア。1400以上の産業機器について接続検証を実施済みで、多様なプロトコルにも対応することから、さまざまな機器からデータを集約するための調査や開発にかかるコストを削減できる。

 また、シリアルポートなどのインタフェースしか持たない機器も接続でき、旧式の環境でも利用できる。IoT機器のセキュリティ対策として、顧客のニーズに合わせてオンプレミスにデータ集約をすることも可能だ。

photo ソリューションの概要(クリックで拡大) 出典:富士ソフト

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.