ニュース
» 2018年08月28日 13時00分 公開

CAMニュース:旋盤ミリング複合加工CAM「Edgecam 2018 R2」、機能を54種類強化

Vero Softwareは、旋盤、ミリング、複合加工CAMソリューションの最新版「Edgecam 2018 R2」を発表した。ミリングやターニング、MTMのための荒取りサイクルにアンダーカットワーク検出を追加するなど、54種類もの機能を強化した。

[MONOist]

 Vero Softwareは2018年8月8日、旋盤、ミリング、複合加工CAMソリューションの最新版「Edgecam 2018 R2」を発表した。54種類の機能を新たに搭載。同社は、2018年度に200ライセンスの販売を目指す。

 最新版では、例えば、ミリングやターニング、MTMのための荒取りサイクルにアンダーカットワーク検出を追加した。現在のワークを分析してワークのないエリアを回避することで、エアカット(空切削)を避けて、加工時間を削減する。

 特殊で壊れやすい工具を使用し、正確で細かい出力を必要とするような場合は、ガンドリル機能が効力を発揮する。工具の方向や主軸回転数、送り速度、クーラント、クーラントスルーなどの主要パラメータを制御できる深穴加工が可能だ。

 さらに、ワイヤフレームからミリングフィーチャーを作成する新しいコマンドを追加。線分と円弧のデータをソリッドフィーチャーに変換することで、通常はフィーチャーを作成できない部分にもワークフロー機能を提供できるようになった。

photo アンダーカットワーク検出 出典:Vero Software
photo ガンドリル機能 出典:Vero Software

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.