ニュース
» 2018年08月29日 09時00分 公開

製造IT導入事例:大手コンビニチェーンがサプライチェーン管理ソリューションを導入

SAPジャパンは、同社のサプライチェーン管理ソリューション「SAP Integrated Business Planning」をローソンが導入したと発表した。導入により、チェーン全体で食品材料破棄が約56%低減した。

[MONOist]

 SAPジャパンは2018年8月7日、同社のサプライチェーン管理ソリューション「SAP Integrated Business Planning」をローソンが導入したと発表した。「ローソン型次世代コンビニエンスストア」の実現に向けた取り組みの一環となる。

 ローソンはこれまで、原材料調達から販売までの統合を進め、見える化・効率化を進めてきた。今回、機会ロスや破棄ロスを削減し、在庫リスクを最小化することで利益率を向上させる手段として、新たなサプライチェーンシステムの導入を決定。SAP Integrated Business Planningを採用した。

 SAP Integrated Business Planningは、インメモリプラットフォーム「SAP HANA」を基盤とするクラウドベースのソリューション。サプライチェーンに関連するリアルタイムな情報に基づき、ビジネスプランを迅速に策定、調整、実行できる。

 ローソンでは、導入決定から8カ月後の2017年3月に、一部商品カテゴリーで稼働を開始した。現在は、その適用範囲を拡大しつつある。導入後は、調達、製造、物流の各工程間にあるムダを排除したことで効率化が進み、チェーン全体で食品材料破棄が約56%低減したとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.