ニュース
» 2018年08月30日 08時00分 公開

人工知能ニュース:スポーツ中継でリアルタイムに選手の識別ができる画像解析AI

東芝と東芝デジタルソリューションズは、日本テレビ放送網との共同研究で番組制作支援技術となる画像解析AIを開発した。ロードレース中継において、リアルタイムで選手の識別が可能になる。

[MONOist]

 東芝と東芝デジタルソリューションズは2018年8月2日、日本テレビ放送網との共同研究で、番組制作支援技術となる画像解析AI(人工知能)を開発したと発表した。ロードレース中継において、リアルタイムで選手を検出/追従するとともに、識別も可能になる。

 開発した画像解析AIは、ハイブリッド方式を採用。選手の上半身と顔を同時検出し、その両方を利用して追従するため、顔が見えない場合でも、高精度で選手を追従できる。事前に暗い画像やぼやけた画像などを学習させておくことで、人では認識が困難な映像でもチーム名を高精度に特定できる。

 併せて、選手と観客を区別する観客矩形フィルタリング技術を開発し、選手の認識精度の向上と処理時間の削減を実現。また、動画1秒ごとに画像を認識し、処理結果を記録する処理により、リアルタイムの画像認識を可能にした。ロードレース中継での実証実験では、ユニフォーム/ゼッケンなどの特徴をもとに、所属チーム名をリアルタイムかつ98.1%の精度で自動認識した。

 この技術により、特定のチーム/選手の自動抽出や、追い越しシーンなどレース中の見どころの自動抽出といった映像の解析や編集作業の自動化が実現し、番組制作における人的負荷の大幅な軽減が期待される。

photo 画像解析AIの概要 出典:東芝

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.