特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
特集
» 2018年08月30日 10時00分 公開

製造業IoT:デジタルツインで唯一かつトップ、シーメンスだけが可能な包括的アプローチとは (1/2)

シーメンスPLMソフトウェアが、米国ボストンで開催したプレス・アナリスト向けイベントの基調講演に、シーメンス デジタルファクトリー部門 CEOのヤン・ムロジク氏が登壇。バーチャルとリアルをつなぐ「デジタルツイン」を製造業が実現して行く上で、同社が唯一かつトップのポジションにあることを訴えた。

[朴尚洙,MONOist]
シーメンス デジタルファクトリー部門 CEOのヤン・ムロジク氏 シーメンス デジタルファクトリー部門 CEOのヤン・ムロジク氏

 シーメンスPLMソフトウェアは、米国ボストンでプレス・アナリスト向けイベント「Siemens Industry Analyst Conference 2018」(2018年8月27〜30日、現地時間)を開催した。同年8月28日の基調講演には、シーメンスPLMソフトウェアを傘下に置く、シーメンス デジタルファクトリー部門 CEOのヤン・ムロジク(Jan Mrosik)氏が登壇。バーチャルとリアルをつなぐ「デジタルツイン」を製造業が実現して行く上で、同社が唯一かつトップのポジションにあることを訴えた。

 ムロジク氏は「本イベントは2007年から11回目を数えるが、そのころから掲げてきたのがバーチャルとリアルの融合だった。バーチャルに当たるのがPLMソフトウェア、リアルはシーメンスが得意とする自動化だ。デジタルツインの基本的なコンセプトを10年以上継続して進化させてきた」と語る。

シーメンスが掲げてきたバーチャルとリアルの融合のイメージ シーメンスが掲げてきたバーチャルとリアルの融合のイメージ(クリックで拡大) 出典:シーメンス

 2018年までの11年間、シーメンスはソフトウェア関連を中心にさまざまなM&Aを繰り広げており、総投資額は100億ユーロ(約1兆3000億円)を超えている。直近でも2018年8月に、ノンプログラミングのアプリケーション開発が特徴のIoT統合ソリューションサービスを展開するメンディクス(Mendix)の買収を発表しており、IoTプラットフォーム「MindSphere」をさらに強化しようとしている。買収金額は6億ユーロ(約778億円)だ。

総投資額100億ユーロを超えるシーメンスのソフトウェア分野でのM&A 総投資額100億ユーロを超えるシーメンスのソフトウェア分野でのM&A。最新の案件は2018年8月のメンディクスになる(クリックで拡大) 出典:シーメンス

 この他、ベントレーシステムズ(Bentley Systems)との提携強化により、プロセス産業で分断のあったプラントデータとエンタープライズデータについて、一体管理できるソリューションの開発も進めている。

ベントレーシステムズとシーメンスの提携でプロセス産業におけるデータ管理の分断を解消する ベントレーシステムズとシーメンスの提携でプロセス産業におけるデータ管理の分断を解消する(クリックで拡大) 出典:シーメンス
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.