ニュース
» 2018年09月04日 06時00分 公開

工場ニュース:稼働から45年の京都工場をリフレッシュ、ダイハツが350億円投資

ダイハツ工業は2018年8月30日、同社京都工場(京都府大山崎町)のリフレッシュ工事を実施すると発表した。

[齊藤由希,MONOist]

 ダイハツ工業は2018年8月30日、同社京都工場(京都府大山崎町)のリフレッシュ工事を実施すると発表した。塗装、組み立て工程を対象に2018年9月に着工し、段階的に新工場での操業を開始する。2022年ごろの完工を予定している。設備投資額は350億円。

 京都工場は1973年に開設された。稼働から45年が経過したことからリフレッシュ工事を決めた。ダイハツ工業版の「TNGA(「Toyota New Global Architecture)」となる「DNGA」をベースに開発を進めている次世代新型車の生産も視野に、同社が生産で重視する「SSC(シンプル・スリム・コンパクト)」を一層進化させる。高品質な小型車の生産に加えて、CO2の排出削減など環境にも配慮した工場とする。従業員の働きやすさの向上や、負荷の変動への柔軟な対応にも取り組む。

 京都工場はトヨタ自動車向けの商用車「プロボックス」「サクシード」や、「シエンタ」「ポルテ」など小型車を生産してきた。生産能力は17万台だが、2016年度の生産実績は7万台だった。

 直近でのダイハツ工業の国内への投資としては、ダイハツ九州の久留米工場に隣接して2014年に開設したエンジンとトランスミッションの開発拠点や、2008年に稼働したダイハツ九州の久留米工場、2007年に完成した同 大分(中津)第2工場がある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.