ニュース
» 2018年09月07日 07時00分 公開

FAニュース:プラントの自動最適化運転に適用可能な強化学習技術を共同開発

横河電機は、奈良先端科学技術大学院大学と共同で、プラントの自動最適化運転に活用可能な強化学習技術を開発した。学習回数を大幅に抑えて実用性を高めた新アルゴリズムにより、プラントの操業最適化が可能となる。

[MONOist]

 横河電機は2018年8月22日、奈良先端科学技術大学院大学と共同で、プラントの自動最適化運転に適用できる強化学習技術を開発したと発表した。

 強化学習は機械学習の一種で、行動に対する報酬を最大化する方法を試行錯誤しながら学習する手法。今回開発したアルゴリズムは、奈良先端科学技術大学院大学の強化学習技術に、プラント制御に関する横河電機の技術、ノウハウを取り込んだもので、学習回数を大幅に抑える。これによって実用性が高まり、実際のプラントにおける自動最適化運転に、強化学習を活用できるようになった。

 この技術を酢酸ビニール製造プラントの蒸留プロセスに適用したところ、操作が相互に影響する4つのバルブの同時制御に成功。現在の制御システムや人による操作では困難だった最適操業が可能であることを、シミュレーター上で確認できた。

 今後、実プラントでPoC(概念実証)を実施し、実用化を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.