ニュース
» 2018年09月19日 06時00分 公開

車載ソフトウェア:ルノー日産三菱がAndroid採用、「Googleの技術はクルマと人がやりとりする手段」

ルノー・日産自動車・三菱自動車のアライアンスとGoogleは2018年9月18日、複数年にわたる技術提携契約を結んだと発表した。アライアンスの3社はAndroidをOSに採用した次世代インフォテインメントシステムを2021年から搭載する。

[齊藤由希,MONOist]

 ルノー・日産自動車・三菱自動車のアライアンスとGoogleは2018年9月18日、複数年にわたる技術提携契約を結んだと発表した。アライアンスの3社はAndroidをOSに採用した次世代インフォテインメントシステムを2021年から搭載する。

 車内でさまざまな人気アプリを簡単に利用できるようにし、ドライバーの利便性を高める。また、Appleの「iOS」など他のOSを搭載するデバイスとも連携できるインフォテインメントシステムを開発するとしている。

アライアンスの共通プラットフォームとしてAndroidを採用する。製品化は2021年の予定(クリックして拡大) 出典:日産自動車

 「世界で最も普及しているOS」(アライアンス)であることからAndroidを選んだ。今回の提携による次世代インフォテインメントシステムでは、Googleマップによるターンバイターン表示のナビゲーション、アプリストア「Google Play」上にある自動車向けアプリのエコシステムの利用、音声入力機能「Googleアシスタント」による電話やメール、メディアの操作、情報検索などが可能になる。プラットフォームはアライアンスで共通となるが、ブランドごとに独自のユーザーインタフェースや機能を持たせる方針だ。

 ドライバーと乗員は、GoogleとAndroidの機能を活用することで、既存のアプリもしくは今後増える新しい機能を含むエコシステムを利用できる。Android開発者のノウハウやコミュニティーをインフォテインメントシステムに組み合わせることで、車内でも多くの人気アプリを使用可能になるという。なお、2016年時点では、ルノー・日産アライアンスとしてGENIVIアライアンスのフレームワークを採用し、Linuxベースでプラットフォームを共通化する方針を示していた。

 ルノー・日産自動車・三菱自動車でコネクテッド車両の開発を担当するアライアンス グローバルバイスプレジデントのカル モス氏は、「Androidプラットフォームをインフォテインメントシステムに組み込むことで、新しいレベルの知能をコネクテッドカーに加える。将来的にGoogle アシスタントとGoogleの優れたAI(人工知能)技術はユーザーと車両がやりとりする主要な手段となるだろう。Google マップとGoogle アシスタントをアライアンスのインフォテインメントシステムに組み込むことで、お客さまは最先端のAIベースのアプリケーションをすぐに利用できる。Google Play ストアに車内からアクセスすることで、お客さまはオープンで安全な、自動車用に設計されたAndroidアプリのエコシステムを満喫できるようになる」とコメントしている。

 コネクテッドカーのバックエンドインフラとなるクラウドには、マイクロソフト(Microsoft)の「Azure」を採用、アライアンスが販売した車両から得られるデータを一元管理する方針だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.