ニュース
» 2018年09月20日 08時00分 公開

人工知能ニュース:FPGAを活用したエッジAIソリューションの協業で合意

ディジタルメディアプロフェッショナルは、FPGAを活用したエッジAIソリューションで、PALTEKと協業する。DMPのAI技術とPALTEK提供のFPGAを組み合わせることで、エッジ側IoTデバイスに低消費電力AI機能を迅速に組み込めるようになる。

[MONOist]

 ディジタルメディアプロフェッショナル(DMP)は2018年8月30日、ザイリンクスのFPGAを活用したエッジAI(人工知能)ソリューションで、PALTEKと協業すると発表した。

 DMPが開発した「ZIA DV700」「ZIA DV500」は、ディープラーニングの推論処理に特化した低消費電力AIプロセッサで、エッジ側のIoT(モノのインターネット)デバイスのCPUやGPU負荷を軽減し、リアルタイム性を向上できる。顧客がCaffe、Kerasなどのフレームワークで開発したAIアプリケーション資産も、そのままDMPのAIプロセッサで動作可能だ。

 PALTEKは、ザイリンクスの16nmプロセスFPGA「Zynq UltraScale+ MPSoC」を提供する。同FPGAは専用の並列演算用ハードウェアを実装し、ディープラーニングで必要な演算処理を最適化する。

 今回、DMPのAI技術とPALTEK提供のFPGAを組み合わせることで、エッジAIシステムの構築時間が短縮し、設置済みの機器への機能強化や機能追加が容易になる。また、海外製半導体などをエッジAIシステムに利用する場合の消費電力や信頼性、長期供給、技術サポートといった問題を解決する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.