ニュース
» 2018年09月20日 07時00分 公開

工場ニュース:ドイツで精密軸受の量産を開始、現地生産化で納入リードタイムを短縮

NTNは、ドイツの製造会社NTN Kugellagerfabrik(Deutschland)の子会社NTN Mettmann(Deutschland)で、工作機械向け精密軸受の量産を2018年8月末に開始した。欧州市場において、受注から3週間で商品を供給できるようになる。

[MONOist]

 NTNは2018年8月23日、ドイツの製造会社NTN Kugellagerfabrik(Deutschland)の子会社NTN Mettmann(Deutschland)で、工作機械向け精密軸受の量産を同月末に開始すると発表した。現地での生産化により、工作機械向けの納入リードタイムを短縮する。

 NTN Kugellagerfabrikでは、欧州でニーズの多いP42精度級を中心とした外径35mmからの高精度なアンギュラ玉軸受を生産する。多列使用が可能で汎用性を備え、フラッシュグラウンド加工を施した製品となる。

 同社は今回、ドイツで精密軸受の量産を開始することで、欧州市場において受注から3週間で商品を供給できるようになる。納入リードタイムの短縮により、欧州市場における精密軸受の売上高を約3割拡大するとしている。

photo 精密アンギュラ玉軸受 出典:NTN
photo NTN Kugellagerfabrikの外観 出典:NTN
photo NTNの欧州拠点 出典:NTN

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.