ニュース
» 2018年09月21日 06時00分 公開

組み込み開発ニュース:ルネサスが半導体IPのライセンスを拡販、「RX」や「SH」をFPGAに組み込める

ルネサス エレクトロニクスは、半導体の設計情報であるIP(Intellectual Property)のライセンス販売を拡大する。従来は特定の大口顧客が要望する際のみに提供していたが、年率10%以上で成長しているIPライセンス市場に参入する。

[朴尚洙,MONOist]

 ルネサス エレクトロニクスは2018年9月20日、半導体の設計情報であるIP(Intellectual Property)のライセンス販売を拡大すると発表した。従来は、特定の大口顧客の要望に応じるときだけ提供していたが、年率10%以上で成長している半導体IPライセンス市場に参入する。2025年に同市場は1兆円に達するといわれており、ルネサスは2025年にIPライセンス事業で100億円の売り上げを目指す。

 ルネサスは、マイコンやSoC(System on Chip)などに搭載するためのIPとして、単体のCPUコアや周辺IPに加え、IPを接続するバス制御、割込制御のサブシステムなどを多数保有している。「これらのIPは、設計から製造まで行っている半導体メーカーならではの、高い信頼性と品質を誇る」(同社)という。今回は第1弾として、「RX」「SH」などのCPUコア、モーター用タイマーIP、USBコア、SRAMなど40種類以上のIPライセンスの提供を始める。また、半導体メーカーならではの知見を生かしたテクニカルサポートも開始する。

ルネサスが拡売するIPライセンス ルネサスが拡売するIPライセンス(クリックで拡大) 出典:ルネサス エレクトロニクス

 ルネサスがIPライセンス販売の対象とする顧客は、セットメーカーなど半導体製品のユーザーだけでなく、競合となり得るファブレス半導体企業や半導体メーカー、ファウンドリなど幅広く想定している。

 ルネサスのIPを活用することで、AI(人工知能)用や自動運転車用、ロボット用などのカスタムLSIを開発したいユーザーは、自社では競争力のあるIPのみを開発して半導体の開発期間を短縮できる。FPGAによる先行開発を行うユーザーであれば、ルネサスのIPを使ってソフトウェアの早期開発や先行評価を行える。さらに、低価格化の進むFPGAを使ってそのまま量産をスタートすることも可能だ。

 一方、過去のソフトウェア資産を生かし続けたいと考えるユーザーにとっても、ルネサスのIPを継続して利用できるので、ソフトウェアやボードの開発、検証、評価の工数を削減し、効率的なシステム開発を行えるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.