ニュース
» 2018年09月26日 09時00分 公開

製造マネジメントニュース:中国大手IT企業とIoT分野での戦略的提携に合意

日立製作所は、中国の大手IT企業テンセントと、IoT分野での戦略的提携に合意した。同合意に基づき、両社は長期的な提携関係の下で、それぞれが持つ技術と資源を活用し、さまざまな分野でのIoT化に向けて新たな市場開拓を進める。

[MONOist]

 日立製作所は2018年9月10日、中国の大手IT企業テンセントと、IoT(モノのインターネット)分野での戦略的提携に合意したと発表した。

 テンセントは、「テンセントクラウド」などIoTの先進技術を開発した実績を持つ。日立は、ITやOT(Operational Technology)に関する豊富な経験、ノウハウを有しており、スマートシティーやスマートビルディング分野でトータルソリューションを提供できる。

 今回の合意に基づき、両社は長期的な提携関係の下で、それぞれが持つ技術と資源を活用し、さまざまな分野でのIoT化に向けて新たな市場開拓を進める。また、低コストで高効率、かつ安全性が高いIoT環境の構築も推進する。

 現在、両社はテンセントのIoTシステムを、昇降機や空調設備、生体認証技術などへ導入することを検討中だ。さらには、製造、物流分野のスマート化、テンセントの法人向けSNSアプリケーション「WeChat(企業微信)」の展開、健康養老分野などにおいて、技術交流を深め協力していく。

 日立グループは、社会イノベーション事業を世界的に展開する上で、中国を重要な市場の1つとして位置付けている。IoTプラットフォーム「Lumada」を活用した新たなソリューションを創出し、2018年度、中国での売上を1.1兆円に拡大する。

photo 調印の様子 出典:日立製作所

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.