ニュース
» 2018年09月27日 06時00分 公開

宇宙開発:「HAKUTO」再び、ispaceが“史上初”の民間月面探査プログラムとして再起動 (2/2)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

デュアルローバーで月の縦穴の探査にもチャレンジ

 HAKUTO-Rでは、スペースXの再使用型ロケット「Falcon9」を使って、米国フロリダ州のケネディ宇宙センターまたはケープカナベラル空軍基地からランダーを打ち上げる。2020年半ばのミッション1では、ランダーを地球周回軌道から月まで航行させて月周回軌道に投入し、軌道上からの月探査を行う。2021年半ばのミッション2では、ランダーは月面に軟着陸してローバーによる月面探査を行う。なお、スペースXとの打ち上げ契約は、他事業者と相乗りする「セカンダリー」となっている。

「HAKUTO-R」のミッションプログラムの概要 「HAKUTO-R」のミッションプログラムの概要(クリックで拡大) 出典:ispace

 ミッション2の着陸地点は「ラカスモーティス」と呼ばれており、縦穴があることが知られている。急斜面となる縦穴の探査を実現するため、四輪のローバーと二輪のローバーを用いたデュアルローバーを採用する計画だ。「縦穴の探査はエクストラのミッションになるが、人類史上初の試みであり、ぜひチャレンジしたい」(ispace ディレクター兼CEOの中村貴裕氏)。

ミッション2におけるランダーの着陸地点デュアルローバーでの探査 ミッション2におけるランダーの着陸地点(左)。縦穴の探査を四輪と二輪のデュアルローバーで行う計画(右)(クリックで拡大) 出典:ispace

 HAKUTO-Rの資金は、2018年2月までにispaceが調達した103億5000万円の範囲内で賄う。ただし、ローバーの命名権やロゴ掲載が可能な「スポンサーシップ」や、ランダーに搭載する予定の4K/8Kカメラの利用や商品の搭載、月環境での実験などを行える「ペイロードデリバリー」によるパートナーも募っていく。また、一般向けのサポーターズクラブも間もなく発足させる予定である。

 新開発のランダーは、2018年8月に国内外26人の専門家による基本設計審査を通過しており、現在は詳細設計に移行している。2019年4〜6月期に詳細設計を終えてランダーの製造を始める計画だ。ランダーと並行してローバーの開発も進め、2020年には月面を模擬した地上実験を行うとしている。

「HAKUTO-R」のロードマップ 「HAKUTO-R」のロードマップ。ミッション2完了までの3年プロジェクトとなる(クリックで拡大) 出典:ispace

 なお、月周回のみを行うミッション1と、月着陸を行うミッション2ではランダーの仕様が異なっている。2019年4〜6月期に完了を目指す詳細設計は、ミッション2向けのものとなる。

各ミッションにおけるランダーの仕様ミッションプロファイル 各ミッションにおけるランダーの仕様(左)とミッションプロファイル(右)(クリックで拡大) 出典:ispace
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.