ニュース
» 2018年10月15日 09時00分 公開

製造ITニュース:Microsoftなど3社がデータモデルを共通化、データの縦割り解消へ

Microsoftは、Adobe、SAPと共同でOpen Data Initiativeを発表した。データの縦割り状態を解消し、顧客の単一視点を獲得することを目指すもので、企業は自社データに対する統制力を強め、プライバシーやセキュリティなどへの対応力を向上できる。

[MONOist]

 Microsoftは2018年9月24日(現地時間)、Adobe、SAPと共同でデータ連携を強化する取り組みである「Open Data Initiative」を発表した。

 現在の企業において、データは資産と見なせるほど重要性が高まっている。しかし、多くの企業では、社内そして社外で縦割り状態になっているデータを結び付けることができず、顧客サービスに生かせていないという。

 3社が共同で発表したOpen Data Initiativeは、データの縦割り状態を解消し、顧客の単一視点を獲得することを目指すものだ。これにより、企業は自社データに対する統制力を強めつつ、プライバシーやセキュリティなどへの対応力を向上できる。また、AI(人工知能)や先進的な分析技術を活用し、組織の境界を越えてデータを連携することができる。

 3社は今後、共通のデータモデルを通じて、Adobe Experience CloudとAdobe Experience Platform、Microsoft Dynamics 365、SAP C/4HANAとS/4HANAなど、各社のアプリケーションとプラットフォーム間の相互運用性とデータ交換機能を強化する。

photo 左:Adobe CEO シャンタヌ ナラヤン氏、中央:Microsoft CEO サティア ナデラ氏、右:SAP CEO ビル マクダーモット氏(クリックで拡大) 出典:Microsoft

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.