CEATEC JAPAN 2018 特集
ニュース
» 2018年10月16日 08時00分 公開

CEATEC 2018:新鮮さ感じる“シャープのダイナブック”、CEATEC JAPAN2018会場に登場

シャープは、「CEATEC JAPAN 2018」において、2018年10月1日に子会社化が完了したばかりの東芝クライアントソリューションのPCブランドである「dynabook」を出展した。

[三島一孝,MONOist]

 シャープは、「CEATEC JAPAN 2018」(2018年10月16〜19日、千葉県・幕張メッセ)において、2018年10月1日に子会社化が完了したばかりの東芝クライアントソリューションのPCブランドである「dynabook」を出展した。

photo シャープブースに出展された「dynabook」(クリックで拡大)

 シャープは2018年6月に東芝の子会社でPC事業を担う東芝クライアントソリューション(TCS)の買収を発表。2018年10月1日に計画通り80.1%の株式を取得し、子会社化が完了した。これにより、TCSが開発、製造、販売するPCに関する東芝およびダイナブックなどのブランドをシャープが使用することが可能になった※)

※)関連記事:“シャープのダイナブック”登場か、東芝がPC事業をシャープに譲渡

 これにより、CEATEC JAPAN2018のシャープブースでは、「dynabook」による働き方改革ソリューションを提案するという新鮮な展示が見られた。

 現状では「体制はまだそれぞれで変化がなく、相乗効果をどう生み出すかは話し合いが始まったばかり。これから取り組んでいく」(東芝クライアントソリューション 国内事業統括部 国内マーケティング本部 国内マーケティング部 マーケティング戦略推進担当 グループ長 吉田明広氏)としている。

 シャープは2009年まで「メビウス」ブランドでPC事業を展開していたが不振により撤退していた。その後タブレットなどで同ブランドを復活させたこともあるが、9年ぶりのPC事業への再参入ということになる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.