ニュース
» 2018年10月18日 07時00分 公開

FAニュース:手押しで移動や設置、動作教示が簡単な人協働ロボット

安川電機は、人協働ロボット「MOTOMAN-HC10DTハンドキャリータイプ」を発売した。手押し台車に搭載しており、ロボットが必要な場所へと簡単に移動して、設置できる。

[MONOist]

 安川電機は2018年9月26日、産業用ロボットMOTOMAN(モートマン)シリーズの新製品、人協働ロボット「MOTOMAN-HC10DTハンドキャリータイプ」を発売した。価格はオープン。

 MOTOMAN-HC10DTは、産業用ロボットの国際的な安全規格「ISO10218-1」に準拠した人協働ロボットで、安全柵なしで人との協働作業が可能だ。手押し台車に搭載したハンドキャリータイプでは、ロボットが必要な場所へと簡単に移動・設置可能になった。設置場所での固定や移動時の固定解除も容易で、台車部分のハンドルを回すだけで完了する。

 ロボットへの動作教示は、ダイレクトティーチ機能で直感的に実施できる。ダイレクトティーチボタンを手でつかみ、自由に操作して任意の動作を教示可能だ。また、台車部分に取り付けてあるスマートペンダントでも動作教示できる。同ペンダントは10.1インチのタッチスクリーン式で、初心者向けのガイダンスヘルプ機能を備える。

 100V電源に対応しているため、電源につなぐだけで設置できる。3相200V仕様も別途用意した。可搬質量10kgで、最大リーチは1200mm。主な用途として、装置内や装置間の搬送、小さな部品の仕分けや箱詰め作業などを想定している。

photo 人協働ロボット「MOTOMAN-HC10DTハンドキャリータイプ」 出典:安川電機
photo 人手による「MOTOMAN-HC10DTハンドキャリータイプ」の移動 出典:安川電機
photo ダイレクトティーチ機能による教示作業 出典:安川電機

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.