ニュース
» 2018年10月26日 07時00分 公開

ロボット開発ニュース:パナソニックが中国最大の火鍋チェーンの厨房を自動化も「まだ序章にすぎない」 (2/2)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

シンガポールの合弁会社で外食産業のスマート化ソリューションを開発

インハイの山下純氏 インハイの山下純氏

 CNS社は、自動おかず倉庫など外食産業のスマート化ソリューションの開発や事業展開を目的として、海底撈との合弁会社「Ying Hai holding(インハイホ−ルディングス)」を2018年3月にシンガポールで設立している。出資比率は海底撈51%、パナソニック49%で、マネージングディレクターはCNS社の山下純氏が務める。2018年5月には、中国内におけるインハイの事業会社「北京瀛海知能自動化科技(北京インハイスマートオートメーション サイエンス&テクノロジー)」も設立しており、北京自動化1号店の自動おかず倉庫は同社が手掛けたものとなっている。

 CNS社と海底撈、インハイの取り組みは、自動おかず倉庫にとどまらず、物流センターの自動化も視野に入れる。食材の製造から店舗に届けるまで、エンドツーエンドのプロセス改善を進めて行くことになる。

 樋口氏は「まずは、北京自動化1号店と同様の旗艦店2〜3店舗への導入を進めたい。その後、全店舗への導入を目指すには、コスト削減や軽量化などの課題を解決する必要があるだろう」としている。

 張氏は「今回の北京自動化1号店への自動おかず倉庫導入は序章にすぎない。1店舗だけではなく意味がないし、レストラン店舗だけにとどまっていてもダメ。サプライチェーン全体の自動化が必要だ」と述べている。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.