特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2018年11月09日 10時00分 公開

製造業IoT:「5Gは既に現実」、2019年から始まる商用サービス本格化に備えよ (2/2)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

IoTネットワークの半数以上をエリクソンが実現

エリクソン・ジャパンのマイケル・エリクソン氏 エリクソン・ジャパンのマイケル・エリクソン氏

 野崎氏の5Gの動向解説を受けて登壇したエリクソン・ジャパン 社長のマイケル・エリクソン(Mikael Eriksson)氏は、同社の事業戦略について説明した。

 エリクソンが世界全体で5G関連の提携を行たt通信事業者数を42社まで増えており、日本でもNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社と提携している。また、さまざまな業界との5Gコラボレーションを進めており、45の大学や研究機関と協力する一方、22の新規事業に向けた実証実験も進めている。

各種業界との5Gコラボレーションの事例 各種業界との5Gコラボレーションの事例(クリックで拡大) 出典:エリクソン・ジャパン

 既にサービスが始まっている5Gに対して、基地局をはじめとした150件の無線製品を投入しており、新製品も17種展開している。また、クラウドやネットワークの仮想化技術(NFV)の展開も広げている。また、5Gの技術で注目されているネットワークスライシングいついても、世界初となる取り組み事例をNTTドコモや、SKテレコム、ドイツテレコムなどと行っている。

 エリクソン氏が「2023年に35億個が接続することになる」とするIoTについては、現時点で構築済みの大量接続が可能なIoTネットワークの半数以上をエリクソンが実現しているという。また、接続管理機能に基づくIoTアクセラレータプラットフォーム上で、デバイスやアプリケーション、サービスプロバイダーを結ぶエコシステムを構築していく方針を示した。

IoTネットワークの半数以上をエリクソンが実現IoTアクセラレータプラットフォーム上にエコシステムを構築 大量接続が可能なIoTネットワークの半数以上をエリクソンが実現している(左)。IoTアクセラレータプラットフォーム上にエコシステムを構築していく(右)(クリックで拡大) 出典:エリクソン・ジャパン

 この他、AIや機械学習を用いたネットワークの設計や品質の最適化でも、通信キャリアと協力してさまざまな実証実験を進めているという。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.