ニュース
» 2018年11月12日 15時00分 公開

医療機器ニュース:膀胱内尿量を簡単な操作で確認できるデバイスを発表

リリアム大塚は、膀胱内尿量を簡単な操作で確認できるデバイス「リリアムスポット」を発表した。本体から出される超音波を膀胱の位置に当てるだけで、尿のたまり具合をメモリ表示で確認できる。

[MONOist]

 リリアム大塚は2018年10月31日、膀胱内尿量を簡単な操作で確認できるデバイス「リリアムスポット」を発表した。同年12月より大塚製薬の通販サイト「オオツカ・プラスワン」で販売予定で、価格は9万円(税別)。予約受注は同年11月15日から開始する。

 リリアムスポットは、本体から出される超音波をぼうこうの位置に当てるだけで、尿のたまり具合をメモリ表示で確認できる。初めてでも使いやすいよう音声ガイダンス機能を搭載し、専用液を使えばふき取りの手間を省けるので、排尿障害のある患者やその家族、介護職員の負担軽減が期待される。

 本体サイズは45×40×150mmで、重さは160g。充電式バッテリーを内蔵し、付属のmicro USBケーブルで充電する。

photo 「リリアムスポット」の使用イメージ 出典:リリアム大塚

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.