ニュース
» 2018年11月16日 07時00分 公開

FAニュース:AIを活用してドリル加工の異常を検知する診断技術を開発

オークマは、NECと共同で、AI(人工知能)を活用して工作機械が自律的にドリル加工を診断する技術「OSP-AI 加工診断」を開発した。リアルタイムにドリル加工の異常を検知し、摩耗状態を可視化して、工作物の損失や工具費用を大幅に削減する。

[MONOist]

 オークマは2018年10月29日、NECと共同で、AI(人工知能)を活用して工作機械が自律的にドリル加工を診断する技術「OSP-AI 加工診断」を開発したと発表した。

 OSP-AI 加工診断は、工作機械の数値制御装置OSP(Okuma Sampling Path Control)に内蔵したAI技術により、リアルタイムにドリル加工の異常を検知し、摩耗状態を可視化して、工作物や工具の損傷を回避する。なお、AIにはNECのAI技術群「NEC the WISE」の1つ「RAPID機械学習技術」が活用されている。

 OSP-AI 加工診断は、ドリルが破損する前に加工を停止し、併せて工作物からドリルを離す退避動作に入るため、工具と工作物へのダメージを最小限にする。これにより、工具の異常から発生していた工作物の損失などの生産コストを低減する。

 また、これまでは、安全のため工具は寿命の6〜7割の段階で交換することが多かったが、ドリルの摩耗状態を可視化して交換タイミングを最適化することにより、工具費用を大幅に削減する。

 OSP-AI 加工診断には、オークマの加工ノウハウと、多彩な条件で取得した加工データが搭載されている。そのため、従来は必要だった主軸速度や送り軸速度ごとの個別設定が不要となり、容易にAIを活用できる。

photo 突発異常の検出。異常検知OFFとON(クリックで拡大) 出典:オークマ
photo ドリル摩耗状態を可視化(クリックで拡大) 出典:オークマ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.