特集
» 2018年11月19日 06時00分 公開

モータースポーツ:2018年も参戦!メディア4耐レース、波乱の展開の末に…… (4/4)

[高根英幸,MONOist]
前のページへ 1|2|3|4       

そして最終ドライバーへ。完走できたのか?

 そしてアンカーの柿澤選手にドライバーチェンジ。順位は1つ上げたが、バトルはほとんどできずなので不完全燃焼だが、今回は仕方ない。昨年、怒濤(どとう)の走りを見せた柿澤選手にここからの巻き上げを期待したいところだ。けれども再びゲリラ豪雨の如き大雨が襲ってきて、コース上はサバイバル状態に! 柿澤選手も数周でペースを掴み、ここからポジションをばん回してくれるハズだった。ところが、ここでまたハプニングが発生。

土砂降りの中、力走する柿澤選手。この時、フロントガラス内側は水滴で視界が歪み、何だか分からない状態になっていたらしい(クリックして拡大) 土砂降りの中、力走する柿澤選手。この時、フロントガラス内側は水滴で視界が歪み、何だか分からない状態になっていたらしい(クリックして拡大)

 何とフロントウィンドウの曇り止めが飽和状態で結露し、ガラス表面から水滴が流れ落ちる自体になって、視界が確保できなくなっていたのだ。豪雨+結露&トップグループの容赦ない追い抜きという事態にあって、さすがの柿澤選手もグロッキー状態。無事にチェッカーを受けることを最優先したわれわれの方針に則って、ゴールへと向かって何とかマシンをコントロールし続けた柿澤選手なのであった。

 そして午後8時、チェッカー。われわれITmedia×MONOistレーシングチームは、25位で2018年のメディア4耐レースを走り切った。後続はリタイヤしたチームを除けば週刊プレイボーイのチームのみだったが、何とかチェッカーを受けることができたのだった。

チェッカーを受けた直後のピットの様子。ブービーだって、嬉しいのである。われわれだけの力で成し遂げた、初めての完走なのであるから……(クリックして拡大) チェッカーを受けた直後のピットの様子。ブービーだって、嬉しいのである。われわれだけの力で成し遂げた、初めての完走なのであるから……(クリックして拡大)

 昨年はチェッカーを受けることができず、残念な結果に終わったことを考えれば一歩前進。来年はもうちょっとチャレンジングなドライビングをして、中盤グループでのレースを繰り広げたいところである。レースでのハプニングは付き物と言えるが、それを乗り越えて上々の結果を手に入れてこそ、喜びも大きいのだから。

レース終了後、コース上で記念撮影。この後マシンはお掃除してマツダさんに返却しました!(クリックして拡大) レース終了後、コース上で記念撮影。この後マシンはお掃除してマツダさんに返却しました!(クリックして拡大)

筆者プロフィール

高根 英幸(たかね ひでゆき)

1965年生まれ。芝浦工業大学工学部機械工学科卒。輸入車専門誌の編集部を経て、現在はフリーランス。実際のメカいじりやレース参戦などによる経験からクルマや運転テクニックを語れる理系自動車ライター。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員。



前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.