ET & IoT Technology 2018 特集
ニュース
» 2018年11月19日 06時00分 公開

ET2018:IoTでの人管理に最適、電池不要でガム状の貼れるビーコン

富士通は、「Embedded Technology 2018/IoT Technology 2018(ET2018)」において、バッテリー不要で柔らかいビーコン「PulsarGum」を出展し、IoTにおけるさまざまな用途提案を行った。

[三島一孝,MONOist]

 富士通は、「Embedded Technology 2018/IoT Technology 2018(ET2018)」(2018年11月14〜16日、パシフィコ横浜)において、バッテリー不要で柔らかいビーコン「PulsarGum(パルサーガム)」を出展し、IoT(モノのインターネット)におけるさまざまな用途提案を行った。同製品は「ET/IoT Technology Award 2018」において「IoT Technology 優秀賞」を受賞している。

photo 富士通が出展したバッテリー不要で柔らかいビーコン「PulsarGum」(クリックで拡大)

太陽電池による発電でビーコンが電波を発信

 「パルサーガム」は太陽電池による発電を利用し電池交換なしで位置情報やID情報を発信できる柔らかいビーコンである。外形寸法は19×72×3mmで、太陽電池による発電部とビーコン機能などを持つ回路部がある。全面をシリコーンゴムで覆っているために、屋外でも使用可能な耐久性を確保する一方で曲げることが可能だという特徴を持つ。3gという軽量性も合わせ、ヘルメットなどの曲面に貼り付けて使用することができる。防水性能もIPX7(水没)相当は持つという。

 無線は2.4GHz帯でBluetooth Low Energy(BLE)を採用しているため、専用ゲートウェイの他、スマートフォンなどでも受信が可能である。通信距離は約10mとなる。動作照度は300ルクスだが、それより暗い環境でも発信頻度を下げて発信することができる。通常は1.28秒に1回の発信となる。完全に照度がない環境では発電を行えないので発信はしない。しかし、この特性を生かした使い方なども想定できるという。「例えば、宅配物や荷物などの中に設置しておけば、開けた時の光で発電し電波を発信することができる。開封ログの取得などにも活用が可能だ」(ブース担当者)としている。

 価格は、1000枚ロットで1枚当たり約5000円、100枚ロットで1枚当たり約7000円だとしている。2018年5月に既に発売しているが「当初は少ないロットでの受注が多かったが、最近では用途開発なども広がり多くのロットでの受注が増えてきた。工場や倉庫などのカート管理などの用途での問い合わせが多い」(ブース担当者)としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.