ニュース
» 2018年11月19日 08時00分 公開

車載ソフトウェア:デバイスのISO 26262準拠が確認できる安全分析ツールを発表

ルネサス エレクトロニクスは、安全分析ツール「GUI版CARツール」を発表した。同社製のデバイスやシステムが自動車の機能安全規格「ISO 26262」に準拠しているかを簡単に確認できる。

[MONOist]

 ルネサス エレクトロニクスは2018年11月8日、安全分析ツール「GUI版CAR(Customizable Analysis Report)ツール」を発表した。同社製のデバイスやシステムが自動車の機能安全規格「ISO 26262」に準拠しているかを簡単に確認できる。

photo 安全分析ツール「GUI版CARツール」(クリックで拡大) 出典:ルネサス エレクトロニクス

 GUI版CARツールは、シングルポイント故障対処の有効性評価値(SPFM)、レイテント故障対処の有効性評価値(LFM)、偶発的なハードウェア故障による安全目標侵害確率(PMHF)と各安全目標侵害要因の発生確率という、3つの評価値を自動的に算出する。

 操作が容易で視認性に優れ、ISO 26262に準拠しているかどうかを簡単に確認できる。シングルポイント故障や残存故障、レイテント故障など、故障分類ごとに稼働10億時間当たりの平均故障回数(FIT:Failure In Time)を表示できる。

 ツールの使用には、ルネサス製SoC(System on Chip)やマイコン用のライブラリをインポートする。故障率ソースや故障特性、故障モード、故障の影響、各安全機構の故障カバレッジなど、ライブラリ内の分析条件パラメーターは、ツール上でカスタマイズが可能だ。

 複数の安全目標やユースケースに対応し、安全分析結果のレポート作成作業を支援する。同社製品をセーフティクリティカルなシステムに容易に適用でき、ISO 26262準拠の確実性を向上できるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.