ニュース
» 2018年11月20日 13時00分 公開

CAEニュース:MSCがAdams 2018.1とMarc 2018.1を提供開始、自動運転システム向け機能など

エムエスシーソフトウェア(以下、MSC)は汎用機構解析ソフトウェア「Adams 2018.1」と、非線形解析ソフトウェア「Marc 2018.1」を提供開始している。

[小林由美,MONOist]

 エムエスシーソフトウェア(以下、MSC)は汎用機構解析ソフトウェア「Adams 2018.1」と、非線形解析ソフトウェア「Marc 2018.1」を提供開始している。

 Adams 2018.1は、リアルタイムアニメーション機能と、VTD(Virtual Test Drive:バーチャルテストドライブ)向けの「Adams Car」モデルを提供する。ソルバーのパフォーマンスも向上させたという。

 同製品はリアルタイム解析中にアニメーションをライブで流すことができる。アニメーションは、Adamsソルバーの実行マシン上でも、別のマシン上でも利用できる。なお同機能はLinuxプラットフォームでのみ実行可能だ。

 自動運転システム開発においては、VTDからブレーキ、スロットル、ステアリング信号を伝達すると、Adams Carのフルビークル(全車両)モデルはビークルとホイールの状態を計算して返せるようになる。

Adamsによる解析イメージ(出典:MSC)

 Marc 2018.1は既知の問題(不具合)の修正を行うと共に、細やかな機能追加を行った。局所座標系のプロット機能の追加、履歴プロットデータ収集速度の向上、移動メニューの簡素化、差分進化法による材料フィッティングでの予測変形モード(実験データのない変形モード)の表示などに対応した。Mentatにおけるユーザーサブルーチン「md_hypela2.F」もサポートする。

Marcによる解析イメージ(出典:MSC)

 「MSC CoSim」はさまざまなMSC製品間のシミュレーションを効率化するためのシステムで、「2018年後半」(同社)リリース予定ということだ。それに先立って、AdamsとMarc、ソフトウェアクレイドルの「scFLOW」の最新バージョンにそのプラグインを備えた。構造・流体、熱・流体、構造・機構といったコシミュレーション機能が利用できる。以後、他のMSC製品へも順次拡大していくということだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.