ニュース
» 2018年11月22日 09時00分 公開

製造ITニュース:プライベート環境でよりセキュアに、デジタル図面クラウドサービスに新商品

OKIは、自社内で機密性の高い図面の保管・運用環境を求めるユーザー向けに、プライベート環境で利用可能なソフトウェア「TerioCloud Private」を発売した。

[MONOist]

 OKIは2018年11月6日、自社内で機密性の高い図面の保管、運用環境を求めるユーザー向けに、プライベート環境で利用可能なソフトウェア「TerioCloud Private(テリオクラウド プライベート)」を発売した。同社のデジタル図面活用のクラウドサービス「TerioCloud(テリオクラウド)」の新商品となる。

 TerioCloudは、デジタル化した図面のクラウド上での共有や、モバイル端末での高速閲覧に対応。また、図面上に記録した作業結果や写真を用いて、モバイル端末で報告書、写真帳などを作成できる。図面のペーパーレス化や業務効率化など、図面の保管、運用環境の向上を支援する。

photo 「TerioCloud Private」運用イメージ(クリックで拡大) 出典:OKI

 今回発表したTerioCloud Privateは、これらの機能に加え、企業内環境での利用に必要な管理運用機能として、利用者ごとの図面活用状況の表示と集計機能、システム稼働状況の監視機能などを標準で実装した。TerioCloudとは設計や実装を共通化し、ユーザー企業のニーズに合った機能拡張を自社専用に構築するコンピューティング環境でも提供できる。

 販売形式は年間利用サブスクリプションで、価格は個別見積もりとなる。提供開始は2019年3月1日を予定しており、今後3年間で累計1億円の販売を目標としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.