ニュース
» 2018年11月28日 10時00分 公開

製造マネジメントニュース:アイリスオーヤマが東京で家電開発、働き方改革オフィスのショールームも兼ねる (2/2)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

働き方改革に適した“オールアイリス”となるオフィスのショールーム

アイリスチトセの大山紘平氏 アイリスチトセの大山紘平氏

 東京本部は、アイリスオーヤマにとって単なる東京の新たな拠点にとどまらない機能を備えている。国内企業が取り組まなければならない働き方改革に適した“オールアイリス”となるオフィスのショールームにもなっているのだ。

 東京本部の設計を担当したアイリスチトセ マーケティング本部 取締役本部長の大山紘平氏は「アイリスグループのLED照明、建築内装材、家電、オフィス家具などを用い“オールアイリス”で1つのオフィスを作れることを実感してもらえる、ライブショールームになっている」と語る。

 オフィスレイアウトのコンセプトとして挙げるのが「働き方改革」と「ABW(アクティビティーベースドワーキング)」だ。「働き方改革で求められているのは労働時間の短縮だが、それに合わせて生産性を高める必要がある。東京本部のオフィスは、生産性を高める環境を整備するとともに、その日の仕事内容によって自身の働く場所が自由に選択できるABWを取り入れた」(大山氏)という。

 ABWのための具体的な施策としては、「フリーアドレス」に加えて、作業に没頭できる空間を作り出す「ブース」、くつろぎながらコミュニケーションをとれる「ソファ」、立ち姿勢で作業を行える「スタンディング」などさまざまなエリアを用意した。

ABWを取り入れたアイリスグループ東京本部のオフィスレイアウト ABWを取り入れたアイリスグループ東京本部のオフィスレイアウト(クリックで拡大)
「フリーアドレス」「ブース」「スタンディング」 「フリーアドレス」を採用する一方で(左)、窓側には作業に没頭できる「ブース」もある(中央)。立ち姿勢で作業を行える「スタンディング」も(右)(クリックで拡大)

 また、優秀な人材を採用し、辞めさせないために必要な魅力的なオフィスづくりにも取り組んだ。大山氏は、デザイン性の高いオフィス内装と、内装にマッチした家具でオフィスを構成した」と説明する。採用したオフィス家具は、2019年2月発売予定の「FOUNDER」を用いている。無線で調光調色が可能なLED照明となる「LICONEX」は、省エネだけでなく自律神経を整えるのに役立つサーカディアンリズムを作り出すこともできるという。床材も同社製品を用いており、オフィス内の動線づくりなどに役立てている。

「LICONEX」を採用商談室商談室 オフィスの照明には無線で調光調色が可能な「LICONEX」を採用(左)。9つある商談室はそれぞれ、コンセプトに合わせた照明、家具、内装になっている(中央、右)(クリックで拡大)
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.