特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
連載
» 2018年11月28日 13時00分 公開

スマート工場の“障壁”破る切り札か、異種通信を通す「TSN」の価値いまさら聞けない第4次産業革命(27)(2/4 ページ)

[三島一孝,MONOist]

ハノーバーメッセ2018でも注目された「TSN」

 すっかり寒くなってきましたが、今日も矢面さんは印出さんを訪ねてきたようですよ。

photo

印出さん。こんにちは。先日はありがとうございました。


photo

あら矢面さん、こんにちは。設計と製造の壁、打破できそう?(前回参照)あら、浮かない顔しているわね。


photo

そうなんです。また相談したいことができてしまって……。


photo

あら、どうしたの?


photo

「TSN」という技術があるらしいんですけど、知っています?


photo

知っているわよ。2018年のハノーバーメッセではかなり盛り上がっていたわね。


photo

えええ! 行ってたのにちゃんと把握できていませんでした第23回参照)。ちゃんと見ておけばよかったなあ……。そうすればあんなことには……。


「TSN」とは何か

photo

TSNがどうしたの?


photo

毎度毎度のうちの社長なんですが、業界団体の勉強会で「スマート工場は思ったより大変で特にデータを現場から取るのが難しい。産業用ネットワーク規格もバラバラだから」みたいな話をしたらしいんですね。


photo

それは本当のことよね。それで。


photo

そこであるITベンダーの人から「じゃあ、TSN使えば解決できるんじゃない」と指摘されたんですけど、社長は分からなかったみたいなんです。そのITベンダーの人が割に上から来る感じの人で、いろいろ言われて、社長はものすごく腹が立ったみたいで……。


photo

で、帰ってきて、矢面さんに怒りをぶつけた、と。矢面さんは社長のいいガス抜き役になっているわね。


photo

まさにその通りなんです! よく分かりましたね。


photo

さすがに27回もやっていると、読めてくるわよ。で、TSNについて教えてほしいということね。


photo

そうなんです。概要は分かるんですが、それで製造現場をどう変えられるのかというのがよく分からなくて……。


 TSNは「Time Sensitive Networking」を指し、イーサネットをベースにしながら時間の同期性を保証し、リアルタイム性を確保できるようにしたネットワーク規格です。IEEEなどの国際標準規格を複数組み合わせる形で実現しています。時刻同期や優先的に通すデータを制御する機能などを加えることができるため、リアルタイム性の確保できる点が特徴だとされています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.