ニュース
» 2018年11月29日 06時00分 公開

製造マネジメントニュース:電動化と自動運転へ6800億円の創出、SUVやライトトラック重視も鮮明に

General Motors(GM)は2018年11月26日、2020年末までに60億ドル(約6800億円)のフリーキャッシュフローを創出するため、事業変革を実施すると発表した。電気自動車や自動運転技術の開発に割り当てるリソースを今後2年で倍増させるため、生産体制の見直しや人員整理を進める。

[齊藤由希,MONOist]

 General Motors(GM)は2018年11月26日、2020年末までに60億ドル(約6800億円)のフリーキャッシュフローを創出するため、事業変革を実施すると発表した。電気自動車や自動運転技術の開発に割り当てるリソースを今後2年で倍増させるため、生産体制の見直しや人員整理を進める。

 60億ドルのフリーキャッシュフロー創出に向け、45億ドル(約5100億円)のコスト削減を実施する。製品開発においては、製品ポートフォリオ全体での部品共有化率の向上やバーチャルツールの活用による開発期間短縮、車両開発とパワートレイン開発の統合、グローバル製品開発拠点の圧縮などを計画している。

 また、人員を15%削減する計画も発表した。意思決定の合理化のため、管理職も25%減らす。グローバルの労働力が今後に向けた適切なスキルセットを確保しつつ、さまざまなツールの利用により効率を高めるとしている。GMの従業員数はグローバルでおよそ18万人なので、2万7000人規模のリストラとなる。人員削減に関連して、30億〜38億ドル(約3400億〜4300億円)の費用を2018年第4四半期から2019年にかけて計上する。

 製品ポートフォリオの最適化も進める。開発投資は電動車向けのアーキテクチャを優先するとともに、プラットフォームの集約も進める。今後10年間で、GMの世界販売台数の75%以上を5つのプラットフォームでカバーする。

 GMは直近では、製品開発や生産面のリソースは人気の高いピックアップトラックやSUVに優先して投入してきた。車両のアーキテクチャの高効率化を進め、人気車種の生産工場に66億ドル(約7500億円)を投資した。こうした取り組みの一環で、2019年以降は北米の完成車工場3カ所と部品工場2カ所で生産を停止する。

 各工場の生産品目をみると、セダンやコンパクトカーが目立つ。米国以外でも生産体制の見直しを進め、既に閉鎖が決まった韓国の完成車工場に加えて2019年末までに北米以外の2つの工場で操業を停める。GMの生産拠点は、生産停止を発表した5工場を含め、北米に18カ所、南米に6カ所、アジアなどその他の地域に18カ所ある。

今回生産停止を発表した北米の工場5カ所
工場名 生産品目 納入先
完成車工場 Oshawa #1 Chevrolet Impala, Cadillac XTS -
Oshawa #2 Chevrolet Silverado, GMC Sierra -
Detroit/Hamtramck Chevrolet Volt, Buick LaCrosse, Chevrolet Impala, Cadillac CT6 -
Lordstown Chevrolet Cruze -
部品工場 Baltimore Operations フルサイズトラック向けAT 2500/3500シリーズのChevrolet Silverado, GMC Sierra
Warren Transmission 6速AT Oshawa(Cadillac XTS, Chevrolet Impala)、Hamtramck(Chevrolet Impala, Malibu, Volt)、Spring Hill(GMC Acadia)
電動ドライブユニット Detroit Hamtramck(Chevy Volt)、Fairfax Assembly(Chevy Malibu)、SGM China(Buick Lacrosse, Chevy Volt)、GM Korea(Chevy Malibu)
(発表済み) 韓国 群山 Chevrolet Cruze, Holden Astra -

 Volkswagen(VW)も、2016年に発表した2025年までの中期経営計画の中で、SUVを重視した製品戦略や、2万3000人の解雇を実施することを明らかにした。ドイツ国内の生産拠点を対象に“従来の分野”に携わる2万3000人を削減する。“将来的な分野”で9000人の雇用を生むとしている。大規模な早期退職によって2020年までに37億ユーロ(約4400億円)を確保する見通しだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.